十三機兵防衛圏 公式保存記録:Double Helixが11月28日発売で予約受付中!

ゲーセンで子供に長時間拘束されなくて済むぞ!釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン

★★★★★ 90点 買い物帰りのゲーセン寄りからの解放

レビュー投稿時の進行状況
全開発完了、ぼうけんモードクリア(子供が)
プレイ時間:不明

ゲームセンターでちびっ子に大人気の釣りスピリッツ。それのスイッチバージョン。
このゲームは名前の通り、釣りを体験することが目的な訳ですが、食卓に並ぶようなお馴染みの魚から、超巨大なサメ、なんなら恐竜や架空のドラゴンまで釣れてしまいます。大人は周りで冷静に見ていますが、子供達にはその非現実的な釣り体験はなかなかの物らしく、とても興奮しながらプレイします。
ショッピングセンターなんかで筐体を見つけたらプレイさせて上げたいところですが、一回大物が釣れだすとメダルが減らなくて長時間の拘束を余儀なくされます。アーケードゲームとしてはコストパフォーマンスが良い訳ですが、ゲームを目的に出かけた訳でもないのに帰り際に30分とか粘られると色々と計画が狂うので、家庭用が発売されて非常に助かりましたw

1.ゲームセンターのプレイ感を損なうことなく完全移植

子供向けゲームなので大人目線のやりこみ要素や難易度を語ると、当然ながら物足りないと思うかもしれませんが、このゲームの真価は、アーケード版を完璧に移植できている点です。
ジョイコンのみのアタッチメント無しでもしっかりとプレイ感を再現出来ているようなので、満足度はかなり高い模様。これでゲームセンターに寄り道しなくても良いという、大人の都合の面で非常に高評価。

メダルは最初こそやりくりが必要なようですが、一度大きく貯まるとまず無くならないのでストレスフリーです。

ジョイコンが魚に反応してHD振動してくれる点も良いですね。HD振動があるだけで全然体感が違います。

評価が高くジワジワと売れ続けているようなので、公式のアタッチメントがソフト発売から約1年経った2020年の7月に販売予定。

2.家庭用オリジナルのぼうけんモードの出来も良い

オリジナルストーリーを楽しめるぼうけんモードは、海釣りをしていたはずが、宇宙で釣りを始めて、気がついたら世界を救うめちゃくちゃな内容ですが、子供受けは良いようですw

アーケードモードとは違い、素材を集めて新しいロッドを作ったり、既存のロッドを強化して大物を釣っていきます。

この素材を集めという作業は、6歳児では最初はあまりピンと来なかったようです。しかし、その辺りは開発陣の想定の範囲内だったようで、新しいロッドが作れるようになる度に、しっかりとアナウンスがゲーム内で行われるので問題無かったです。素材集めの概念を小さい内に学べる親切仕様。

3.最後に

ゲームセンターのゲームは偶にやるから興奮する訳であって、短期集中でプレイすると流石に飽きが早くやってきます。それでもゲームセンターに連れて行く手間とか都度の出費を考えると、十分に元を取れます。
幸い、本家のアーケード版のアップデートは続いており、移植版の需要は常に一定数あるようなので、買い取り価格もさほど下がっていません。2020年5月現在、売ればまだ半分ぐらいは返ってくる価格なので、コストパフォーマンス的に非常に優れたゲームだと思います。
なお、公式サイトをには2020年夏にアップデートが予定されている旨が記載されています。パーティモードというローカル対戦の新しいモードが追加されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)