十三機兵防衛圏 公式保存記録:Double Helixが11月28日発売で予約受付中!

ドラクエブランドで胡坐をかき過ぎでしょ・・・ ドラゴンクエストタクト

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★☆☆☆
  • 点数:50点
  • コメント:クオリティが10年前のゲーム。ストーリーは9-1まで。
  • プレイ時間:約10時間
  • プレイスタイル:無課金

2020年7月16日にスマホ向けにリリースされたドラゴンクエストシリーズの最新作、ドラゴンクエストタクト。ドラゴンクエストシリーズ初のシミュレーションRPGという事で期待が高まっていましたが、蓋を開けてみると控えめに言ってクソゲーでした。

正直、ドラゴンクエストのガワを利用していなければ、リリースから半年で即サービス終了してもおかしくないレベルの質の低さ。”ドラクエらしさ”を大切にして進化を拒むだけならまだしも、それで技術力の無さ、調整能力不足を誤魔化しているところが非常に残念です。

メニュー画面、実績やポイントの受領など、SRPG要素以外の基本的な骨組みは、ドラゴンクエストウォークから完全流用です。つまり、本質的な部分にタップリと時間と予算を充てる事ができたはずなのに何故こうなった。

タクトをプレイするぐらいなら、ライバルズをプレイしてください。ジャンルは違いますが、同じドラクエを使ったゲームを求めるなら。
関連:6月22日からSteam版も登場!ドラゴンクエストライバルズ

1.アメニティとオリジナルキャラは良い

リリースに先立ち、懐かしのスーパーファミコン風パッケージのアメニティが抽選で配布されました。私は当たらなかったのでネットで買いましたが、こういうコレクターが何を欲しているのかよく分かっているグッズを用意する所は素晴らしいですね。
ちなみに背景はドラクエ展で買ったキャンバスアートです。

新規デザインされたオリジナルキャラは個性あふれており好感が持てる。
村長のガルネは壊れかけのキラーマシン。
ずっと主人公達に付きまとうダークモーモンのアクモは、頭装備が特徴的。
左のピンクモーモンはストーリー進行で一番出番のある、アホなモナンちゃん。
ストーリーにおける、キャラ同士のやりとりは面白いと思います。

先に良い点を二つ上げましたが、これら以外の要素はもう救いようがないです。

2.アメニティとオリジナルキャラ以外は全てがクソ

ドラクエタクトはスマホゲーなので、ガチャでモンスターを集めます。ストーリーでも手に入りますが、それらは基本的に弱め。ガチャなりストーリーなりで手に入れたモンスターを育てて、より難しいストーリーや、指定されたモンスターを編成するバトルロードに挑戦します。

課金前提の難易度だとか、ガチャが渋いとか、それはスマホで出る以上は想定内だと思うのでここでは触れません。

では何がクソって、ありとあらゆるUIがクソ。
ストーリーとPT編成の制限があるバトルロードで頻繁にPTを入れ替える事になりますが、1画面に8体しか表示されないので、入れ替えには何度も何度もスクロールが必要になります。他のキャラクターが膨大に出てくるスマホゲーをやったことない人が作っているんでしょうか?アイコンを小さくしてスクロールを極力減らして欲しいところ。

Aランクの8体しか見えていない・・・

仲間モンスターに対しては、経験値を与えるレベルアップ以外にも、装備変更や特技強化をかなりの頻度でアクセスすることになります。それでタップが多い事は致し方ないにしても、画面の切り替わりが遅い。毎回0.2秒ぐらいの読み込みが入る。

用途別にパーティを複数保存できるけど、パーティ表示の切り替えは、昇順か降順にしか出来ない。(PT1からPT5に飛ぼうと思ったら4回スワイプが必要)
おまけにPTを分けているのに装備を共有不可。同時に2PTが戦闘に参加する事は無いのに何故?そのお陰で、保存したPTを切り替えるたびに装備変更が付きまとってイライラ。

UIの不満点を挙げだしたらキリが無いんですが、開発者は自分でプレイして面倒くさいと思わないんでしょうかね?思っていても、煩わしさが”ドラクエらしさ”だと盲信しているのか、偉い人から意図的にそのようにしろと言われているのか知りませんが、周回前提のゲームという事を忘れていませんか?

次に不満なのが、AIがあまりに頭悪すぎて、オート戦闘が機能していないところ。
行動原理とデメリットは以下の通り。

  • 何も考えずに移動力の最大まで移動する。
    ⇒高確率で敵に先制攻撃を受ける。
  • 攻撃できたら半減属性でも攻撃する。
    ⇒肝心なときにMPが足りない。
  • 攻撃可能候補マスが複数あれば敵ユニットの前方に優先移動。
    ⇒射程1の仲間の進路妨害

ダメなAIのお陰で周回には有償のスキップチケットが必須です。
手動なら全員生存できる敵相手でも、オート戦闘だと全滅します。
勝てる敵にも進路妨害でターン掛けまくって、5ターンクリアのボーナスを取り損ねることも多々あり。特に進路妨害に関しては、せめて優先移動先を敵の左右にするだけ解決できるでしょ?テストプレイしたら5分ぐらいで気がつくと思うんだけど・・・。

3.アンインストールした方が良いぞ

SRPGという事で、戦略的にあれこれをユニットを展開するゲームかと思いきや、狭いマップに敵味方含めて最大で10ユニット程度しか出てこない。
優先度の高い制約として”狭いマップ”があるらしく、それを元に大半のユニットの移動力は2、特技は範囲1に調整されています。魔法は3マス届くけど、たった3マスなので、次の敵ターンで高確率で近接攻撃を食らいます。
SRPGというよりも、詰め将棋に近いかな・・・。

デフォルト配置から2マス先に敵が居るマップの狭さ

ナンバリングタイトルならまだ、”ドラクエらしさ”を免罪符に、雰囲気を大切にしたという言い訳が通る訳ですが、脳死周回で延々と育成する事が前提のゲームでこれはちょっとなぁ。ストーリークリアまでは一応プレイしますが、もうそれでアンインストールする予定です。闘技場で対人要素が解禁予定ですが、現仕様では俗に言う札束で殴りあうゲームにしかならない。ガチャでユニットが被った時のボーナスが馬鹿にならないので、恐らく対人はSランクユニットをどれだけ凸ったかで、戦闘開始前に勝負が決まりそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)