ドロヘドロ原画展~林田球の世界~ 大阪開催分に行ってきた!

★★★★★ 久しぶりのゲーム以外のネタ。開期は2020年8月5日~8月17日。短いので注意。

2000年からIKKIで連載が開始され、実に18年も連載が続き、単行本が23巻発売されたドロヘドロ。2020年1月からアニメ第1期が始まった記念に原画展が開催されました。昨今の情勢から大阪開催分は延期されていましたが、ようやく8月5日から開催です。

待ってました大阪開催!
これのために有給を取って朝から行ってきましたよ!
連載開始当初から追っていた作品なので、本当に嬉しくて、まだかまだかと待ち焦がれていました。

ちなみに会場は、動画撮影はNGですが、写真撮影はOKです。
写真を撮りだしたらキリがないので、ほどほどに見て回りましたが、もう一回行きたいぐらいに見応えがありました。
ここで載せるのは絵ばかりですが、原作者の解説が載っている作品もあります。それらをじっくり読んで、写真も撮っていると1時間ぐらいじゃ足りないので注意。

ドロヘドロの最大の特徴は、バイオレンスとホラーとファンタジーと餃子が、奇跡の配合で混ざり合った最高にパンクで混沌な世界観ですが、やはりそれは原作者である林田球の圧倒的な画力があってこそ成り立っています。

あの絵に昔から惚れ続けていたので、最初から複製原画を絶対に買うと決めて会場に向かいました。販売される複製原画はイベント公式ホームページで確認可能なので、カイマンとニカイドウが店で向かい合っている12番と、女キャラ3人がマスク取っている13番が良いなと思っていました。

が、現地で5番の煙ファミリーを見た瞬間に、何て格好いいんだ!
と、衝撃を受けて↓を買うことに急遽変更しましたw

写真では完全に魅力は伝わらないかもしれませんが、毒々しい紫の空の下、とにかく赤で目立つ煙を中心にファミリー勢揃いというこの画。原作終盤の圧倒的なカリスマ性を見せつける煙の活躍を見た後だと凄く惹かれます。

という事で、13番は外して、12番と5番の複製原画を購入。
恵比寿の素顔が出ている13番も惜しかったのですが、大阪限定でキャンバスアートで↓が追加されたのでそちらで我慢。

こっちの複製原画は確か東京会場で売り切れ。恵比寿人気!

グッズ類は定額給付金で買う予定だったのですが、種類変更したお陰で少々オーバーキルする事になってしまいました・・・。
それでも、本当に良い複製原画に出合えたので満足しています。やはり、原画類は生で見てこそ真価が分かります。小さい写真で見ても完全には良さが伝わらない。下に作業場や道具の写真を載せていますが、ドロヘドロはデジタル塗りじゃないんですよね。作品の細かい部分の仕上がり具合を実物で見るとその魅力に取り憑かれます。

仕事道具も展示されていました。

アニメから興味を持った人も、原作から好きだった人も、見に行きましょう!
アニメから原作コミックに手を出しても良いし、元々の原作ファンは改めてドロヘドロの世界に酔い痴れましょう!
間違いなくアニメ2期もやりますし、一切知らない人は原画展からこのカオスな世界に触れても良いと思います!

以下、撮った写真を適当に。

伝説が始まった1巻表紙!
これは担当者が好きそうな絵を描いたらしいw
こういう異種材料を組み合わせた作品も多数
悪魔化が進んだニカイドウは尻が出ているからか、結構売れていたw
大ダーク×ドロヘドロ
大ダークの有名な1枚
ThreeZeroとのコラボT再販して・・・
まさかの正月にヴィレヴァンとコラボしたやつ
ヘッドはサンデープレミアムショップで買えます。なんと88万円

最後写真は、複製原画以外の購入品です。
前述の恵比寿キャンバスアート、スケッチブック、マスキングテープ2種。
特に、スケッチブックはコミック買っている人は必携です。
林田球が各話プロットやキャラ設定など、様々なアイデアをメモしたスケッチブックが実に19冊にも及ぶらしく、その中から一部を抜粋して1冊にまとめられています。一部抜粋と言っても、ちょっとした漫画雑誌位の厚さがあり読み応え抜群です。何買うか迷ったら間違いなくコレ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)