やり応え抜群のソロモードが追加されて新生大成功!ドラゴンクエストライバルズ エース

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★★★
  • 点数:100点
  • コメント:ドラクエ好きが遊ばない選択肢は無い。タクト?ウォーク?消せ。
  • レビュー投稿時の進行状況:ソロモード4章途中まで。ランクマッチはプラチナランク到達まで。
  • プレイスタイル:無課金
  • ハード:スマホ版でプレイ。スイッチ版,PC版は未プレイ。

2017年11月から稼働しているドラゴンクエストライバルズは、ドラゴンクエスト関連製品としては異端のオンライン対戦に特化したゲームでした。
それが、2020年8月13日より、一人でも遊べるソロモードが搭載されて、ドラゴンクエストライバルズACEとして生まれ変わりました。
参考 ドラゴンクエストライバルズACE公式サイト

対人戦限定で2年半以上も運営してきて、今更一人用を追加してもなぁ・・・
と思っていましたが、蓋を開けてみるとびっくり。
圧倒的なボリュームもさることながら、新規ユーザーはゲームの基礎を学びながらカード資産を増やすことが可能で、既存ユーザーは今までの経験を生かした超高難度CPU戦を遊べるという大満足な仕様でした。

1.スタミナ(バトルポイント,BP)制ながらも、圧倒的ボリュームのソロモード

今回追加されたソロモードでは、主人公は勇者(見た目は剣神ドラゴンクエスト)として、全職業を使いこなしながら、ナンバリングタイトルを舞台としたステージでバトルを行います。各ステージのザコモンスターを倒せばボスに挑戦可能で、ボスを倒すと次のステージが解放されます。

あくまのツボは擬態モンスターばかり展開。デッキには敵リーダーの個性を反映。

プレイに必要なカード自体は課金でカードパックを買えば早いですが、強化石と一緒に貯まるアドベンチャーコインと交換も可能。ただ、コイン交換は非効率なので、ランクマッチで貰える小さなメダルで交換したり、お題クリアで貰えるゴールドでカードパックを買った方が得策です。(基本的に、新しい弾を優先して買う)

ボス戦の前にはイベントパートとして、コミック風の演出が挿入されています。

スキップ可能ですがしっかり見ましょう。

ボスはそこそこ強めに設定されているので、勝てなければザコ戦を繰り返し、強化石を貯めてカードを強化して再挑戦しましょう。

HP3と4の圧倒的差は既存ユーザーには身に染みているはず。

カードを強化すると、HPや攻撃力、各種特殊能力を強化できます。
カード資産はソロモードも対人戦も共通ですが、強化はソロモードにのみにしか反映されないので注意。(ランクマッチは金で解決できません。)

ボスはソロモード専用のテンションスキルや、独自のバフ効果を持っているので、適当にプレイしていると既存プレイヤーでも負けることがあると思います。
幸い、経験値を稼いでレベルアップすれば、主人公や仲間のHPや攻撃力を増やしたり、各種有利な効果を付与できるので詰むことは無いと思います。

オーレンは毎ターン自身でダメージ2の攻撃をしてくる。
テンションスキルが零の洗礼の上位版。

また、特効カードが設定されているので、どうしてもクリア出来ない場合は錬金石でそのカードを作ればかなり有利に対戦する事が可能になります。

戦士ならヒューザをMP2という破格のコストで召喚可能。

スタミナ制なので一気にクリアする事は難しいですが、5分に1ポイントという小刻みな回復の仕方なので、後少しでキリの良いところまで回復するという場合は、いったんランクマッチで時間を潰すというのもアリ。
ランクマッチは挑戦し放題、負けてもデメリット一切無し、勝てば昇格ボーナスやアチーブメントの達成報酬も貰えて恩恵が非常に大きい。
ちなみに、ゴールドランクまでは連敗するとCPU相手によるランクマッチに切り替わり、接待プレイしてくれるらしく、それに勝っても報酬貰えるという親切仕様ですw

2.既存プレイヤーに対するケアも忘れていない

さて、ライバルズもリリースから2年半経過しており、カード資産とテクニックを持っている既存プレイヤーにとっては、今更ソロモードなんて一瞬で突破できてしまい意味が無いという懸念がありました。しかし、そんな心配は無用で、心が折れそうになるくらいの高難易度バトルが待っています。

各章をクリアすると難易度が大幅に上がったハードモードが解放され、更にエンドコンテンツ的な挑戦要素である”試練の間”も用意されています。

これでドラゴンLv2です。Lv5までありますよ!

上のキャプチャーは試練の間のドラゴンです。見てもらうと分かると思いますが、ドラゴンに大量のバフ効果が乗っていることが分かります。
もう一つレベルが上がると、ユニット攻撃力+2になって、MP1のメラリザードでさえ3/3貫通になりますよ。最大HPも50台になり、毎ターンリーダーに攻撃力+2付与も。
(幸いAIがそこまで賢くないので、仁王立ちをガンガン殴ってくれますが)

これに対抗するには、ハードモードのクリア報酬で強化石を稼いでカードを強化し、更に勇者のレベルを上げてスキルを取得していくしかありません。
HPや攻撃力アップも良いですが、何よりも最優先はレジェンドレア編成上限+1でしょう。(資産の多い既存プレイヤーのみ)

このスキルを取ればランクマッチでは体験できない編成が可能。
スキルが全体5点のライデインに変化+毎ターンHP2回復のロトの鎧は2枚欲しい。

カード強化でHP5、そこからスキルでさらにHPを強化したローラ姫で、毎ターンテンション+2からのライデインは重要は攻め方になると思います。
強化限界を上げるかために被ったレジェンドレアを消費するかどうかは悩ましい所ですが、まずは2枚積み優先でしょうか。

敵リーダーのHPが高く長期戦になるので、低MPながらも後半腐らないロトの盾も欲しい。

俗に言う完凸状態にすることはカードパックの運もあるので中々難しいです。
敵のカード展開や行動パターンを読んで、足りない部分はテクニックで補いましょう。

3.ドラクエ好きなら演出や雰囲気に大満足

ドラクエ好きでライバルズエースをプレイしていないなんて、ドラクエファンとしてはモグリと言っても過言ではないでしょう。それぐらいに満足度の高いゲームに仕上がっていると思います。
宗教上の理由で、PSは買えないorスイッチは買えないという人が、ゲーム業界には一定数居るんですが、スマホなら間違いなく持ってるでしょう?プレイしましょう!どうせ無料です!
ちなみに、ライバルズは有償ジェムではなく、ゲーム内マネーで10連してもスタンプ押してもらえます。配布も多いしタクトやウォークと違って無課金に本当に優しいです。

なお、記事ではソロモードについて触れましたが、ランクマッチも面白いです。
真1弾が追加されたことで従来通り旧弾の一部が落ちたので、大幅に環境が変わっていて新鮮です。
英雄カードも一気に3枚追加されており、ソロモードをやっている人も多いのでデッキの開拓が今回は遅めだと思います。真1弾のメインである2主人公勢は研究が進むと面白い使われ方がされそうです。

パック開封時に、背景に主人公勢達のイメージカラーの光柱が立つと英雄確定。
“いやー探しましたよ”の後に即寝込むサマル君の図。

ちなみに私のオススメは商人(トルネコ,リッカ)です。
今回から追加されたMP8の”モンスターハウスだ!”は、敵には弱モンスターを押し付けて、自陣は強モンスターで埋め尽くすというカード。

自陣には最高6コストのモンスターが展開される。
ギャンブル要素が強いが、前列にウドラーの様な強モンスターが出ると一発逆転。

埋め尽くしからの1ターンキルが癖になる。
ギャンブル要素が高く、横にステルスと弱ユニットが並んでしまって、逆に大量得点を許してしまうこともありますがw
ちなみに、このカード1枚の為だけに、本家トルネコの大冒険からモンスターハウスのBGMが輸入されています。新生に対する気合の入りっぷりを感じることが出来ますね。
おおねずみ、おばけねずみで早期にダンジョン踏破が決まっても爽快。
今月もレジェンドランク目指して頑張ろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)