SFアドベンチャーの傑作、十三機兵防衛圏の北米版にはアートブックの印刷版が付属するらしい

0.【追記】

この記事を投稿して暫くたってから、以下2点が発表されました。

・十三機兵防衛圏 公式脚本集:Double Strand

・十三機兵防衛圏 公式保存記録:Double Helix

当記事は、これらのファンブックが発表される前に投稿した記事なのでご注意願います。

 

↓↓以下、本来の記事です↓↓

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★★★
  • コメント:資料集とかアートブックを発売してくれー。

2019年11月28日に発売され、SFアドベンチャーのマスターピースとして絶大的な支持を得た結果、クチコミが広がり続けており中古価格も高止まりしている十三機兵防衛圏。圧倒的な評価に後押しされて、グッズが多数展開されるのかと思いきや、その後の動きはあまり活発ではありません。

↓過去のレビュー記事はコチラ

プロット考えたヤツの脳はどうにかしてるぜ!十三機兵防衛圏

1.アパレルグッズやフィギュアは出ているが・・・

ヒット作品の3大定番グッズと言えば、サントラ、設定資料集orアートブック、フィギュア。十三機兵防衛圏はサントラやフィギュアは出ていますが、肝心の設定資料集やアートブックが発売されていません。膨大な分岐を網羅した攻略本兼設定資料や、ヴァニラウェアお得意の美麗グラフィックを収めたアートブックは間違いなく需要があるはずですが不思議です。その一方でアパレルグッズなんかは色々と出ています。また、提携ストアで缶バッヂとかクリアファイル、アクリルスタンド?は出ているようです。

参考 コスパが「十三機兵防衛圏」のアパレルグッズを2020年7月上旬に発売。4gamers 参考 123ストア十三機兵防衛圏新商品123ストア

うーん、こういうのじゃなくて、もっと資料的なものは無いのか・・・。

冬坂五百里1/4フィギュアはある意味で資料としては抜群だが・・・。

と、色々と調べていたら、2020年9月22日発売の、北米版十三機兵防衛圏に辿りつきました。

これを見てみると以下の文字が!

PRE-ORDER TO SECURE A BONUS ARTBOOK!

なんかアートブックが付くらしいぞ!
しかし、参考画像を見る限り、余り分厚くなさそうで、せいぜい20ページぐらいのオマケの様です。

2.公式から出ないからせめて資料が欲しければ買うしかない

資料集と呼ぶには程遠い特典アートブックですが、公式から出ないので北米版を買うぐらいしか手がありません。しかも結構高いので、プレミアムボックスを持っている身としては、わざわざ良いかなぁと、二の足を踏んでいる感じです。

もうちょっと何か情報が無いのかと、色々と調べたところ、アトラスの海外アカウントのFacebookに、PlayStation Storeで予約すればデジタルアートブックが付いてくると言う記述を見つけました。

参考 13 Sentinels: Aegis Digital ArtbookFacebook

Facebookの紹介画像には鞍部十郎の紹介が載っていますが、アマゾンの参考ページに載っている画像で見切れている部分と一致するので、恐らく特典のデジタルアートブックのフィジカル版が北米版の一般流通には特典として付いてくるようです。

さてさて、信者としての信仰心が試される案件ですね・・・。
北米版を買えばアートブックが手に入る事は兎も角、当然ながらヴァニラウェアにも利益還元されるので、何年先か分かりませんが次なる名作の礎となる事は間違いないです。

2020年9月10日には、電撃コミックからアンソロジーコミックが出るようですが、それを出すぐらいなら資料集を出して欲しかったなー!

後、グッズの注意点として、十三機兵防衛圏 オリジナル・サウンドトラックはアマゾンではデジタル配信されていますが、フィジカル版はエビテン専売です。誤ってエビテンから買っただけの物を高額転売している業者から買わない様に。エビテンから適正価格で購入可能ですよ。ちなみに、作曲はオプーナで有名・・・じゃなくて、タクティクスオウガで有名な崎元仁です。
参考 十三機兵防衛圏 オリジナル・サウンドトラック【専売商品】ebten

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)