Amazon Black Friday sale 開催中!

スーパーロボット大戦V,X,T【レビュー/評価】細かい改善は見られるが、抜本的な改革が必要

評判/点数/感想
  • 5段階評価:★★★☆☆
  • 点数:V75点,X70点,T70点
  • 感想:V,X,Tどれか一つならまだ楽しめる。全部やると不満が貯まる。
  • レビュー投稿時の進行状況:V,X,T共にストーリー1週クリア。
  • プレイ時間:3作で約120時間
  • トロフィー:V71%,X72%,T90%

ここ最近は毎年のように新作が発売されていたスーパーロボット大戦シリーズだが、2020年度は家庭用ゲーム機で向けに新作はリリースされない。2021年はスーパーロボット大戦シリーズ30周年なので、充電期間なのだろう。

せっかくの充電期間なので、開発工数的に省エネ仕様で連続リリースされたスパロボV,X,Tを振り返ってみた。シリーズの存亡は、30周年記念作品にかかっているかもしれない。

1.マンネリ打破しないと未来がない・・・

筆者はロボット物好きで、スーパーロボット大戦は、GBでリリースされたシリーズ1作目からプレイしている。もはや半分義務みたいに新作が出る度に購入しているが、次の30周年で大きく変化を加えないと、シリーズ存亡の危機だろうと考えている。

スーパーロボット大戦は参戦作品が多く、参戦作品ありきでストーリーが創作されるため、展開がご都合主義とか、困った時の空間転移とかは目を瞑るとしよう。

しかし、システム面の進化の無さは無視できない。25年もあったらもっと進化できるんじゃねえのか・・・。

VXTでは、システム面で以下の様な要素が目玉として用意されていた。

追加された要素
  • Tacポイント
    敵を撃破すると経験値や資金と一緒に貯まり、それを使って各種ステータスを強化したり、舞台全体のボーナスを得ることが出来る。
  • エキストラカウント
    敵撃破やレベルアップで貯まり、それを使えば撃破後再行動や、クリティカル確定ボーナスを得ることが出来る。
  • 非戦闘員の活躍
    戦艦に乗っている非戦闘員も、精神コマンドが使える。
  • エースパイロットのお祝い
    撃墜数が一定数に達してエースパイロットになると、マスコットキャラがお祝いしてくれる。(Zからあった)

あの手この手で、変化をもたらそうとしている事は伝わる。

しかし、それらはこの記事のタイトルにある通り、所詮は小手先の”改善”止まりであり改革とは呼べない。

25年シリーズ続けてこの程度の改善しかできないの?と、正直ガッカリしてしまう。25年というと、赤子が立派な社会人として戦力になるぐらいの期間である。スパロボの25年の進化は、人間で言ったら精々、幼稚園児が小学校高学年になった程度の進化しかしていない。

以下にアニメーションの進化が良く分かるCMを並べてみた。これを見ると、アニメーション以外は大体同じである事も良く分かるだろう。

以前レビューした十三機兵防衛圏をプレイした時に感じたのだが、スパロボはPS2でリリースしたスクランブルコマンダーを成功させて、ハードの進化と共に、3Dリアルタイムスーパーロボット大戦を実現するべきだった。

ゲーム終盤のご都合主義な展開に加えて、ゲームとしての進化の無さがあるため、”動画で戦闘シーンを見れば十分”などと言われてしまうのだろう。

2.難易度が機能していない

システム面で不満が有れど、SRPGとして面白ければ評価されるはず。

しかし、近年のスパロボは戦闘パートが簡単過ぎて消化試合感が半端ではない。

SFC時代のスパロボは、役に立たないユニットはどれだけ工夫しても使いようが無く、戦力として使えるユニットを如何に有効に使うかを考える楽しみがあった。敵も2回行動が当たり前だったので、迂闊にユニットを進軍させると集中攻撃を受けて撃破されるなど緊張感もあった。

しかし、スパロボはシリーズを重ねるごとに、脇役でも何だかんだと戦えるようになっていき、逆に敵は固いだけで凶悪なMAP兵器を撃つこともなくなり、弱体化の一途を辿っている。

また、味方が全体的に底上げされたお陰で、相対的にエースユニットはさらに強くなっている。一部のユニットは余りにも強すぎて40話あたりからは、覚醒持ちのユニットが連続行動し続けて1ターンで終わらせることが最適解という、SRPGとしてゲーム性が完全に崩壊している。

説明しなくても経験者は分かると思うが、真ゲッターがその筆頭である。Xに限ってはマップ兵器が圧倒的に使い易いサイバスターも。

これらの強ユニットが育ってくると、ゲームとして破綻しているとしか言いようが無い。それなら真ゲッター使わなければ良いとか、精神コマンドの覚醒を使わなかったら良いとか言う人も居るかもしれないが、プレイヤー側で態々縛りプレイをしなくても遊べるように工夫して欲しい所である。

一応、難易度システムがあるが、V,X,Tのハードモードは、一般的なゲームのベリーイージー以下の難易度。敵の配置やボス情報などの攻略情報を一切得ていない状態の初回プレイでも、1ターンクリアが当たり前。老人向けの脳トレゲームか?と疑いたくなるような難易度の低さである。

こうなってくると、シナリオ観戦モードような、ボタン押すたびにイベントシーンまでスキップ出来る機能が欲しくなる。

筆者は、ゲームボーイの第2次スーパーロボット大戦Gで、必ず可能な限りシュラク隊は出撃させるという無謀な縛りプレイを楽しんでいたが、昨今のスパロボはそのボリュームからそういうチャレンジにも適さないので、プレイヤー側が工夫して楽しみを見つけるにも限界がある。

3.それでもやっぱり、スパロボは好きなんだよ

何だかんだと文句を垂れながらも、30周年記念作品が進化していなくても新作は間違いなく買うだろう。もうここまでシリーズを追い続けたら、最後まで看取る覚悟である。少なくともOGをキリの良いところまで進めて終わってくれ。

そんな出来栄えなら、V、X、Tになんで70点がつくのか?と疑問に思うだろう。その理由は、序盤20話ぐらいまでなら面白いからである。色々な事情で所帯が大きくなっていく過程は楽しい。

また、仲間が増えるたびに新しい戦闘シーンをチェックするのはワクワクするし、初顔合わせのクロスオーバーのセリフは毎回本当に楽しみ。そのため、70点を付けている。

ちなみに、今までで一番感動した戦闘シーンは、BXの法術士ニューである。レアカード演出が最高過ぎる。後は、APのフルアーマーガンダムのショルダーキャノンの構え方が妙に気に入っている。

最後にどうでも良い小ネタを一つ。

第2次スーパーロボット大戦Gは販売時期によってアムロの顔グラフィックが違うことを最近知った。通常は少年時代のアムロ顔なのに、一部のロットは大人顔に差し替えられているとかなんとか・・・。

ちなみに、初代スパロボは説明書のカラーが違うバージョンが存在する。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)