Amazon Black Friday sale 開催中!

Curious Expedition 2(キュリオス エキスペディション2)【レビュー/評価】SAN値やローグライクという言葉が好きで、独特な絵面に何かを感じたなら遊んで損は無い

評価: 
人を選ぶというか、理解されにくい

総評/評判/感想
Curious Expedition 2は、見た目からゲームの内容を想像がしにくく、ナラティブローグライクゲームなどと言われても、さっぱり分からないゲームである。しかし、実際にプレイしてみると非常にローグライクらしいゲームだ。また、多くのローグライクゲームにはリソース管理要素があるが、このゲームは常にリソースがカツカツで、リソース不足によるペナルティも高め。崩壊していく遠征隊を何とか立て直して目的をクリア出来たときの達成感は大きく、ダイスベースの運が影響する戦闘やイベントに翻弄されつつも、遠征隊をコントロールする楽しさは確かなもの。致命的では無いがエラー落ちが多く点数を下げている。

点数評価75点
エラー落ちが無ければ85点
プレイ状況ノーマル難易度でクリア
プレイ時間約10時間
発売日2021年8月12日
対応機種Switch/Steam
PS4/Xbox(予定)
プレイ機種Switch
開発元Arkane Studios
発売元Thunderful Publishing
ジャンルナラティブローグライクゲーム

Curious Expedition 2(キュリオス エキスペディション2)は説明が難しいゲームである。Curious Expedition、日本語で言えば”奇妙な遠征”である。奇妙とか不思議とかいうと、直ぐにローグライク信者がホイホイと釣れる訳だが、Curious Expedition 2も例によってローグライクゲームだ。奇妙に毎回姿を変える島へ、ランダムに現れる仲間を選択し、ショップの品揃えなどもランダムになっている。

ニンテンドーオンラインの紹介によると、Curious Expedition 2はナラティブローグライクゲームを自称している。ナラティブとは、”物語”や”語り”という意味だが、物語のローグライクゲームと言われてもピンと来ない。そのため、Curious Expedition 2の独特なタッチや配色が目に付き、気になっているが買おうかどうか迷っている人多いのではないだろうか。

結論から言うと、記事のタイトルにもあるように、絵面が気になって、SAN値やローグライクという言葉に惹かれる人であれば買っても良いゲームだ。かなり尖ったゲームなので、カテゴリーとしては★3の人を選ぶとしているが、筆者的には気に入っているのでエラー落ちがなければ85点という高い点数を付けるに至った。

1.既存のローグライクに落とし込むと見えて来る

Curious Expedition 2は、どのようなゲームか伝わり難いので、まずはゲームの流れを説明したい。独特な見た目と遠征隊と言うワードから、ゲームの想像が付きにくいが、既存のローグライクゲームに当てはめて考えると割と理解しやすいだろう。

Curious Expedition 2の舞台は、19世紀後期の万国博覧会に向けてエッフェル塔が建設真っ最中のパリである。主人公は、ヴィクトリア・マリンという万博主催者に雇用された遠征隊のリーダーである。遠征隊は、奇妙な島を探索して財宝を持ち帰ることが主な目的となる。遠征先が全滅すると、パーティメンバーを含めて全ロストするので、そうなると再びマリンが新たなリーダーを選出して、遠征を繰り返すという仕組みである。キャンペーンモードは複数の章構成になっており、章毎に3回~4回の遠征を行い、とある目標を達成すればゲームクリアとなる。

リーダーを選んでいるマリン(右下)の様子。リーダーによって性能が異なる。

遠征に失敗する=全ロストだが、ローグライクゲームなので、次回遠征に向けての底上げ要素が用意されている。リーダー(主人公)に選べる職業が増えて行き、遠征を成功させた際の報酬によってアンロックされた仲間、装備品、消費アイテムはランダム出現のテーブルに組み込まれたままとなる。遠征に成功してもアイテムは全て失うが、装備品とレベルアップした仲間は残り、次回の遠征でも使うことが出来る。

各章では、任意に難易度を選べる遠征を2,3回クリアした後に、固定難易度の遠征に挑むことになる。当然ながら遠征の難易度が高くなるほどに、出現する敵が強くなり、クリア目標の達成も厳しくなるが、報酬(新アイテムをアンロックする経験値や、拠点専用の通貨である万博チケット)が多くなる。パーティの育ち具合を考慮して、3段階の難易度から選んで遠征をしていく訳だが、ルート分岐系のローグライクのようなイメージすれば分かり易いだろう。

目的地によって達成条件が異なる。この場合は人探し。

無事に遠征を終えれば、難易度と持ち帰ったアイテムの査定で報酬が決まる。

次に具体的な遠征について説明する。遠征する奇妙な島は、プレイヤーの周囲と踏破したエリア以外は見渡すことが出来ず、マップを開いても茶色い羊皮紙になっている。プレイヤーが踏破したり、遠くを見渡すアイテムを使うことで、徐々に視界が広がって行く。下のスクショであれば、砂漠地帯の右側1/3程が未踏破となっており、その先に何が待ち受けているか分からない状態だ。当然ながら、島の地形や建物の配置はプレイする度に変化する。規模や見た目は全く異なるが、ダンジョン系ローグライクで、踏破すればダンジョンマップが出来ていくようなものである。

マップを踏破しながら財宝や人を探すわけだが、闇雲に歩き回っても簡単には目標に辿りつかない。そのため、まずは右下に表示されている中間目標を目指して、最終目標のヒントを得ながら徐々に遠征を進めていく。基本的には島の原住民との会話によってヒントは得られるのだが、プレイヤーは常に原住民の評判というステータスを意識する必要がある。野生生物を狩ったり、遺跡から財宝を持ち出すと評判が下がって行き、規定値を下回ると会話ができなくなり、ノーヒントで目標を探し回ることになる。最悪の場合、村から戦闘集団が一定時間ごとに派遣され戦闘を繰り返すことになる。

原住民は人間とは限らない。敵対するかどうかはプレイヤー次第。

原住民の評判と、財宝や戦闘からの経験値及びドロップアイテムはトレードオフの関係にあり、幾ら財宝やアイテムを手に入れてもクリア出来なければ意味が無いので、どの程度まで財宝や野生生物に手を出すか、プレイヤーは常々頭を悩まされる。ある程度強くなってしまえば、評判など無視して全て武力で制圧して歩き回れば良いと思うかもしれないが、しかしこれはローグライクゲーム。行動回数に対する制限として”正気度”という数値が用意されている。

クトゥルフでお馴染みのsanity、所謂SAN値だ。

島の地形には移動コストという数値が設定されており、ジャングルや高い山などはコストが高く設定されている。歩き回るほどにコストに応じてパーティの正気度が失われていく。正気度が低くなると、村やキャンプで休憩した際に精神疾患が発生しやすくなり、さらに正気度が0になると狂気イベントが発生し、パーティ全体が大ダメージを受けたり、発狂した仲間の永久ロストが発生する。食事や休憩で正気度を回復することもできるが、時間掛け過ぎると正気度を大きく奪う霧が島を覆いだす。

右上の紫の渦巻きが正気度。地形によって消費され方が変わる。

また、突発的なイベントにより、死に至る感染症にかかったり、地形が火事になったり噴き出した毒ガスを吸い込んだりと、歩いているだけで何かとダメージを喰らうようになっている。そのため、プレイヤーは正気度と手持ちのアイテムと相談しながら、原住民の評判を気にしつつも限界のラインで財宝を回収しながらクリアを目指すことになる。

感染は治療アイテムが無いと、仲間をロストする可能性が高い。

原住民とのアイテムトレードで評判を稼ぐこともできる。

引き際を見誤らないように、SAN値と霧に注意しながら稼ぐのは如何にもローグライクらしい要素だ。不思議のダンジョンで言えば、満腹度と突風に気を付けながら、そのフロアで限界まで粘るようなものである。

突発イベントは見えないトラップを踏んだような物

この手のリソース管理がCurious Expedition 2の醍醐味である。通常難易度でもリソースはギリギリで、常に効率の良いマップ移動が求められる。特に足場の悪い地形では、あっと言う間にSAN値を削られて回復アイテムを消費してしまう。一歩一歩を考えて踏みしめながら放浪した果てに、何とか一息つける村を見つけた際には、まるで自分が探険隊の一員になったような喜びを感じることが出来る。

遠征の引き際を見極めて上手く稼ぐことが出来たのであれば、次の遠征で更に上の難易度を目指し、逆に厳しそうであれば下の難易度の遠征に向かうことになる。いずれにせよ、章の最後には固定難易度の遠征が待ち受けているので、そこを目指して遠征隊を強化していくことになる。

パリでは専用通貨で装備品の強化が可能。鍛冶屋的な施設。

Curious Expedition 2は、5人+ゲスト1人の最大6人パーティだが、兎に角仲間のロストが痛い。遠征の終わり際に仲間を失っただけなら、パリに戻った際に補充できるが、遠征の半ばに仲間を失うとその後の戦闘で常に後れを取ることになり、ジリ貧で全滅に追い込まれることになる。また、順風満帆に見えた遠征でも、初見では無知故のロストが常に付きまとう緊張感のあるゲームである。何かと体験して知識を得る部分が多く、唐突な全ロストからプレイヤーが呆然とする体験は久しぶりに味わうことが出来た。

裂け目は仲間が奈落に落ちて永久ロスト。一度味わうと二度と手を出さない。

遠征の途中でも仲間を新しく雇用したり、野生動物を手懐けるチャンスはそれなりに用意されている。ただし、戦闘で不利になる以外にも、ロストした仲間が持っていた装備は失われるし、仲間が減ったことで一時的に所有できるアイテム上限が低下することで、一部のアイテムを捨てることになったり、仲間が発揮していたパッシブ効果も失われて何かと難易度が上る。

仲間の補充には、それなりの報酬を求められる。

このように、Curious Expedition 2 は、死に憶えしながら、限られたリソースからルートを考え出し、仲間のステータスや原住民の評判なども管理しながら、何が最適解かを考え続けるゲームである。この手の試行錯誤が好きなプレイヤーであれば、間違いなく楽しめるだろう。

2.ダイスベースの一風変わった戦闘

さて、項目1では遠征について説明したが、次は遠征における戦闘と仲間に付いて紹介する。

Curious Expedition 2の戦闘は、6面ダイスが使用される。ダイスのそれぞれの面には、攻撃、シールド、バフ/デバフなどの様々な属性のスキルが記載されている。ダイスを振ってそれぞれのキャラクターがランダムなスキルを使用する。また、武器を装備していれば、武器の分だけサイコロを多く振れる。キャラクター・武器共に、レベルが低い内はスキルを覚えておらず、何も書かれていない空の面があり、その面が出た時は何も行動が出来ない。

中央の横軸がキャラで、縦軸がキャラに対応したダイスの出目。

1ターンに1回、サイコロを振り直すことが出来るので、空の面とそのターンに使う予定の無いスキルは振り直す。勿論振り直しても空の面がもう一度出ることもあるが、仲間の出目同士のシナジーを考えながら振り直すかどうかを考える訳だ。敵の攻撃は事前に確認できるため、全てのダメージをシールドで受け止められるように防御系スキルを整えてから、余りのダイスで攻撃が基本となる。体力の回復手段に乏しいゲームなので、毎ターンのダメージを最小限に抑えることが重要だ。

ダイスの出目が悪いと、攻撃を防ぎきれずにダメージを喰らう。

なお、キャラクターのレベルが上がれば、ダイスの空の面は徐々に埋まって行き、最終的には全ての面がスキルで埋まる。また、レベルアップと共に出目の効果も強化されていく。

右が元のステータスで、中央がレベルアップ後。ダイスの空の面が埋まることが分かる。

ダイスは戦闘以外でも、遺跡のトラップや原住民との交渉などのイベントシーンでも使用する。戦闘と同様にダイスを振って、要求されたダイスの出目が出れば条件達成となり、物事が有利に進み、外せば悲劇に見舞われるという訳だ。

このシーンであれば、緑の面を二つ出れば宝を貰えるが、外せば何らかの罠が発動する。

ダイスベースのシステムなので、当然ながら運が絡んでくるが、パーティ5人+武器5個+ゲストメンバーで、サイコロは毎回10~12個振ることになる。これだけ振れば出目はの偏りもある程度は矯正されるので、確率を考えながら普段は安全な選択を取り、重要な局面ではリスクを背負って博打に出るというスタイルになるだろう。基本的には、戦闘で攻防のバランスが良く、イベント突破用にダイスの色に極端な偏りが無いようにパーティメンバーを用意することになる。

ただし、遠征の参加者は曲者揃いで、多くは何らかの精神異常をバッドステータスとして持っているため、簡単にはバランスの良いパーティを組むことはできない。例えば、下のスクショはレベル3の宣教師を雇おうとしている様子。パッシブ効果で正気度の最大値が上がり、無料休憩所が利用できるようになり、ダイスも5/6が埋まっているのでメンバー補充には良さそうだが、アルコール中毒の疾患を確認できる。定期的に酒を使用しなければ忠誠度が下がり、酒が切れると最悪の場合は勝手にパーティから離脱する。加えて、酒を使うことで他のメンバーも確率でアル中になるという厄介なもの。

バッドステータスを拗らせると大抵パーティを離脱する。

原住民に対して高圧的な態度を取って評判を下げる帝国主義や、迷信を信じて神殿の類に入ると忠誠心を下げたり、高所恐怖症で高台の地形に登ると忠誠心を下げるなど、疾患の種類は様々である。疾患自体は、遠征報酬のチケットを消費すれば治療可能だが、武器の購入や傭兵の雇用にも共通のチケットを使うので、チケットを使ってまで治療するのか、解雇して新しいメンバーを入れるのか悩み所である。前回の遠征結果が低い場合は、リスクを負って疾患を受け入れるしかない。

多くの疾患が重なれば治療するよりも解雇した方が早い。

一時的に傭兵を雇る事も出来る。傭兵は能力が高めで固有の強力な装備も持っており、疾患も無い。

難易度高いマップを何とかクリアして、その報酬でキャラクターの強化が上手く進み、致命的な精神疾患を治療できればクリアが見えて来る。しかし、項目1に書いたように初見のイベントで突発的にロストする可能性があり、楽観的になると一気に危機に陥るので、常々気を引き締めて遠征を進める必要がある。上手くサイクルが廻りだすと非常に安定してくるが、ちょっとしたミスで崩壊するのは何ともローグライクらしい。

3.エラー落ちがやや多いが自動セーブで助かる

項目1,2に書いたように、Curious Expedition 2は、絵面やスクショ数枚からは分かり難いが、実にローグライクゲームらしい出来である。クセのある仲間を管理したり、マップ上に見えている強敵に追い回される様は、Darkest DungeonやMistOverに近いものがあり、これらのゲームをよりカジュアル寄りにしたような側面も持ち合わせている。

やり直しが効かず一手一手が重要になるゲームなのだが、残念ながらエラー落ちがやや多い。幸いなことに、イベント毎に自動セーブされているので、エラー落ちで全ロストすることは無いが、会話イベントが発生した瞬間にエラー落ちして再開すると、会話が終了した状態から再開することがある。一方でエラー後に再起動すると、イベント前に戻される事もある。ダイス勝負で折角勝ったにもかかわらずやり直しで、次は勝負に負けるなんてこともある。クリアまでに5回エラー落ちしたので、2時間に1回ほどエラーが出ている。今回はSwitch版で遊んだので、Steam版や今後リリース予定のPS4/Xbox版では改善されるかもしれないが、明確な減点要素である。

Curious Expedition 2は、エラー落ちさえ目を瞑れば、ローグライク好きや、シビアなリソース管理が好きない人には是非遊んでもらいたい良作。シリーズ2作目ということで、今後もシリーズが続いて欲しいと思わせるぐらいに魅力的な作品である。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)