十三機兵防衛圏 公式保存記録:Double Helixが11月28日発売で予約受付中!

難易度さえ適正なら良作になりえたかも!MAXIMUM CARNAGE:Spider Man Venom

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★☆☆
  • 点数:60点
  • コメント:鬼畜難易度さえ無ければ・・・
  • レビュー投稿時の進行状況:ステージ7まで

マキシマムカーネイジ スパイダーマン ヴェノムは、1995年にアクレイムから発売されたGENESIS用のベルトアクションゲームです。

日本向けのメガドライブ版もあるらしいですが、そちらは非常に高価でそもそも滅多に見ることが無い代物。また、マニュアルが日本語になっただけで中身は海外版と同じなので、今回は海外版をプレイしています。

何でこのゲームを遊んだかと言うと、2018年に配給された、スパイダーマンの宿敵を描いたスピンオフ映画”ヴェノム”続編の正式タイトルが、”ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ”だからです。続編のタイトル自体が2020年4月に決まった時から欲しかったのですが、海外版もあまり売っていないので入手に時間が掛かりました。

カーネイジの詳細はアメコミ@ wikiを見てからプレイすると分かりやすい。
この作品には非常に多くのヒーローが登場しますが、その設定はゲームでも忠実に再現されており、ヒーローアイコンを取ればヒーローを召喚して敵を攻撃してもらう事が可能です。

お馴染みのキャプテンアメリカや、スパイダーマンの新ユニバースとして、単独映画の公開が決まっているモービウスも登場。

映画に向けて、ちょっとした予習になるかと思いプレイしてみたのでレビュー。

1.難易度が高すぎる・・・

このゲームはファイナルファイトの様なベルトアクションゲームに、スパイダーマン要素として、”ウェブシューター”,”スイング”,”壁登り”を追加したシンプルな作りです。

パンチのコンボで移動して、攻撃とジャンプ同時推しでHPを消費して前後強攻撃。
敵に接近すれば自動的に掴んで殴り攻撃からの投げ。
良くあるスタイルですね。

ベルトアクションの定番に加えて、スパイダーマンの代名詞とも言える前述のアクションを繰り出すことが出来るので新鮮ですね。
画像でスイングしているのは、6本腕のドッペルゲンガー。敵もスイングしてきます。
操作キャラはスパイダーマン、ヴェノムの2種類ありますが、固有のアクションはありません。

一般的なベルトアクションの基本に忠実に、空中戦の要素をプラスしただけなので、ある程度の面白さは保証されているはずなんですが、とにかく難易度が高い・・・。

敵の攻撃力が全体的に高く、ザコ敵相手でも迂闊に囲まれてしまうと抜け出せずに直ぐに倒されてしまいます。囲まれる前にウェブで絡めて一対一の状況を作って戦うか、スイングして逆サイドに逃げるなどして、上手く立ち回る必要があります。
ボスの攻撃は非常に強力で、HP最大からでも4発程で倒されてしまう上に、複数体同時に相手するシーンもあります。
一応、こちらも一瞬だけヒーローを召喚して攻撃可能ですが、焼け石に水程度。

また、こちらの攻撃をガードするザコ敵が序盤から出てくる点も、難易度を大きく上げる要素です。乱戦になった時に、まとめて攻撃したつもりが1体にだけガードされて、手痛い反撃を食らうシーンが多々あります。

何回かプレイしただけだと、ステージ7でどうしてもゲームオーバーになってしまう・・・。
どの程度のボリュームなのか取説を確認したところ、まさかの25ステージ以上!

これはクリアまでにかなりの修業を要しますね・・・。

という事で、困った時は達人の動画でも見て参考にするしかない。
動画だとサクサク進んでいますが、このレベルに到達するには血の滲む様な鍛錬が必要でしょう。

2.アメコミ要素はしっかりと用意されている

全25ステージ以上と、結構なボリュームなんですが、ステージとステージの合間にはストーリーパートが用意されています。

これが割と丁寧に作られており、原作は設定しらなかったですが、セリフを読めば概ね話の流れは理解できるようになっていました。

序盤は楽に進めてストーリーパートを楽しめるような難易度設定なら、このゲームの評価はかなり高くなったと思います。

ちなみに、カーネイジ打倒のためにスパイダーマンとヴェノムは手を組んでいるので、途中でどちらのヒーローで戦うか選択する画面が登場します。
どっちを選んでも修羅の道ですがw

いやー、なんとも惜しい作品でした!
多分クリアするまではやらないと思いますが、ファンアイテムとしては満足しています。

ちなみに、このゲームの続編の、MAXIMUM CARNAGE:Spider Man Venomの続編に、Spider-Man Venom in Separation Anxietyという同じくベルトアクションゲームがあるんですが、そちらはレトロフリークに秘技コードでキャラ無敵にできるので、安心して最後まで遊ぶことが出来ます。そちらも入手済みなので、そのうち遊んでみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)