Amazon Black Friday sale 開催中!

Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)【レビュー/評価】発売前は死にゲーかと思っていたが、実際にはオジサンスナップゲーだった

クリア&トコロンしたレビューは以下のリンク先へ。この記事は、購入日に書いたファーストインプレッション。

【7/27トロコンして追記】Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)【レビュー/評価】オープンワールドゲームの最高傑作であり、全ゲーマー必修の神ゲー。
評判/点数/感想
  • 5段階評価:★★★★★
  • 点数:100点
  • コメント:3時間ほど遊んだファーストインプレッション。

Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)は、2020年7月17日に発売された、Sucker Punch Productionsのアクションゲーム。

海の向こうアメリカのゲーム開発会社が、日本の鎌倉時代、しかも離島の対馬を舞台に元寇をテーマにゲームを作るという話題は、ゲーム業界にはショッキングな出来事であった。しかもAAAタイトルで、対馬全土をオープンワールドに見立てた、プレイ時間は50時間を超えるという壮大な作品だ。

一体どのようなゲームになるのか?期待と不安が入り混じりながら、いよいよ発売を迎えた訳だが、序盤をプレイした段階では神ゲーの予感しかない。まだ買うかどうか迷っている人は是非買って欲しいので、序盤で何が楽しいのかを紹介したい。

1.フォトモードだけで延々と遊べる

ここ最近の高画質ゲームには標準でフォトモード搭載されていることが多い。Ghost of Tsushimaもそのグラフィックの美しさが一つのウリなので、当然ながらフォトモードが実装されている。十字ボタンの右を押せば、いつでも即起動可能だ。

Ghost of Tsushimaのグラフィックは、簡単に一言で”美しい”だけでは伝えきれない魅力を持っている。既にPS5が発表されており、PS4のグラフィックは限界まで到達していると思っていたが、PS4にはまだ伸び代があったのか!と驚かされる、異次元レベルの美しさだ。

筆者はGhost of Tsushimaを開始して、操作可能になって約10秒ほどで慌ててフォトモードを探して起動した。

普通に遊んでる場合じゃねえ!写真を撮れ!

と、本能が告げて来るような衝撃を圧倒的な映像日から受けた。

なお、フォトモードの操作も簡単なので、アングルは適当に、素人が適当なエフェクトを入れて、真ん中にロゴマーク入れるだけで、自分がプロカメラマンになったのではないか?錯覚してしまうようなテクニカルなスクショが作れてしまう。”写真なんて興味ない”という人も居るだろうが、まずは騙されたと思ってフォトモードを触って欲しい。美麗なグラフィックと共に、各種エフェクトやフィルターを触って遊んでいると、きっとフォトモードの虜になってフォトモード沼に入り込んでいくはずだ。スクショばかり撮って、全然ストーリーが進まない人も多いのではないだろうか。

上3枚は、極端にエフェクトを入れまくって撮ったもの。

このスクショはノーエフェクトで撮ったもの。エフェクト無しでも何の問題も無い。

白黒ノイズ交じりの黒澤モードを起動して、昔の時代劇風で撮っても面白い。ゲーム開始時の明暗設定に依存するかもしれないが、黒澤モードでスクショを撮る時は、少し露出を上げてやると綺麗に撮れる気がする。(個人の好みかもしれない)

フォトモードだけでも3000円分ぐらいの価値がある。

2.肝心のゲーム内容は濃厚なオジサン時代劇アクション

ストーリーは、前述の通り、対馬における蒙古襲来が描かれる。一言で現すと、主人公の坂井仁が苦悩を抱えながらも、一人頑張って元寇を撃退する話。

モンゴル軍相手に奮闘しつつも、モンゴルの調度品や歴史背景が分かる文書を手に入れ、神社で祈って能力アップし、キツネを夢中で追いかけ、知らずに踏み入れた蒙古の拠点を壊滅させたりと、メインストーリー以外の寄り道要素も充実している。寄り道要素の追いかけ方はホライゾン・ゼロドーンに近いと感じた。

そして、Ghost of Tsushimaには、基本的にオジサンとオバサンしか出てこない。

どの程度のオジサン具合なのかは、ミルクボーイ漫才で分かる『Ghost of Tsushima』という公式動画がアップされているので、それを見れば一発で分かるだろう。

https://youtu.be/Exn32ajrvm4

難易度は3段階用意されており、ノーマルだとそこまで難しくない。少なくとも、序盤から頻繁にゲームオーバーになるということはなく、死にゲーでは無かった。

温泉で一息つくオジサン。坂井仁が穏やかな顔になるシーンは殆ど無いので貴重だ。

Ghost of Tsushimaは、プレイ開始1分で”これは神ゲーだ”と確信できた実に珍しいゲームである。歴史/時代劇好きゲーマーは、話題乗っかってプレイしても絶対に損はしないだろう。歴史に興味が無くても、時代劇風なアクションは面白いし、前述の通りフォトモードでオジサンを撮り続けても面白い。全ゲーマー必修の神ゲー。

なお、初回特典には最高にクールなダイナミックテーマが付いている。中古で買ってハマると後悔するので、新品を買うことを推奨したい。なお、アートブックの予約が始まっている。情緒豊かなで、日本のわびさびを、日本人以上に理解した作られた見事なアートワークが収められているので、ファン必携になるだろう。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)