Amazon Black Friday sale 開催中!

ラチェット&クランク パラレル・トラブル【レビュー/評価】クリアだけでは味わいつくせない、豊富でユニークな武器による圧巻のアクション

評価: 
オススメ

総評/評判/感想
発売から半年以上経過しても、一向にソフトが充実してこないPS5だが、ようやくプレイステーションのファーストパーティーデベロッパーである、インソムニアックゲームズ開発のキラータイトル、ラチェット&クランク パラレル・トラブルが発売された。自由に切り替えれる武器を使ったアクションが秀逸で、どの武器も特徴的でかつ、どの武器を使っても楽しい。全ての武器がレギュラーであり、デュアルセンスの機能を最大限に活かした、まさに次世代のTPSである。作風からフォトモードはさほど期待していなかったが、豊富なロケーションと次元移動のお陰で想像以上に撮影も捗る。リベット可愛い。

点数評価85点
プレイ状況クリア
トロフィー69%
プレイ時間約10時間
発売日2021年6月11日
対応機種PS5
プレイ機種PS5
開発元インソムニアックゲームズ
発売元ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ジャンルTPS
アクションアドベンチャー

PS5は発売以降、そのハード性能を最大限に活かせるゲームが少量しかリリースされておらず、大半のゲームはPS4/PS5の縦マルチ。そんな嘆かわしいリリース状況の中、PS5専売のラチェット&クランク パラレル・トラブルは、PS5ユーザー期待の1本だ。筆者はラチェット&クランクシリーズを今までプレイしたことがなかったが、ファーストパーティー製のPS5専用ソフトということでシリーズ初挑戦。

以下は、“武器が大量に出て来る”,”新キャラクターはリベット”,”次元を移動して戦う”という三つの知識だけを仕入れて、完全にシリーズ初心者としてプレイしたレビューである。プレイ開始当初は、エイム時の感度をMAXにしても動きが遅いこと不満を覚え、ストーリーやキャラクターも海外のローティーン向けという印象で何故このゲームが人気なのか疑問だった。

しかし、途中からはそんな些細なことは忘れて、ただひたすらにアダプティブトリガーの感触を堪能しながら数々の銃をぶっ放して気持ち良くプレイすることができた。グラフィックは、ピクサーの3D映画の中を自由に遊びまわっているような感覚に陥る美麗さで、一昔前の”こんなゲームがあったらな”というユーザーの願望が見事に形になっている。おまけに高性能なフォトモードまで用意されていてグラフィック面に死角は無かった。

このように、ラチェット&クランク パラレル・トラブルは、”武器”と”グラフィック”でPS5の魅力を存分に味合わせてくれるゲームだった。

1.何といっても武器の種類が魅力

ラチェット&クランク パラレル・トラブルは、武器(ガラメカ)の切り替えが最高に面白いゲームだ。

ストーリーの進行に合わせて、次から次へと供給される武器の種類は全20種類。似通った性能の武器は一つも無く、状況に応じてどの武器にも使い道があるため死に武器も無い。この手の武器種が多いゲームは、大抵死に武器が幾つか入っているが、ラチェット&クランク パラレル・トラブルの場合、性能の上下はあるものの、入手したものの使わないという武器は存在しない。

敵が密集した時は感電が複数の敵に伝播する”ライトニングロッド”で一網打尽、体力の多いボスにはロケットランチャーの”ウォーモンガー”で削る、接近されたくない相手には敵を植物で固めて捕縛する”グリーンスプリンクラー”などなど、何らかの武器が状況に合わせて活躍してくれる。考えることが面倒くさくなった時は、自動攻撃してくれるキノコやドローンを出して、自分は適当な武器で攻撃するのもありだ。

コミカルに如何にもなポーズで痺れてくれる敵達。

一撃が大きい武器は巨大な敵に温存したい。

スプリンクラーは強武器。迷ったらこれを投げてから初期武器のバーストピストルでも良い。

武器は十字キーに割り当てた4種のショートカットで瞬時に切り替えることのできる。また、△ボタン長押しで開くリングメニューから、戦闘を中断していつでもショートカットの登録を変更できる。常に全種類の武器を使えるので、戦闘に入る前にセッティングを忘れたから、状況にピッタリな武器は理解しているのに使えないなんていう、アクションゲームで良くあるシーンとは完全に無縁だ。

全ての武器がレギュラーで活躍できる!

このゲームをプレイしていると、どの武器を使ってもクリア出来るようなイージーなシーンでも、ついついリングメニューを開いたまま長考することが多々ある。無制限に武器を選べる状況においては、“最善の選択をしたという満足感”は、効率を度外視できるほどに大きいのだ。

これはノーマルな難易度で遊んだ場合の話だが、どの武器も割と頻繁に弾切れする。特にボス戦や体力の多い敵が大量に投入される場面では、手持ち武器の大半が弾切れになることもある。弾が切れる度に最善から次善へ武器の切り替えを強制されるのもまた、自分の対応能力が試されているようで面白い。

武器毎に調整された、DualSenseのアダプティブトリガー機能が秀逸なので、しぶしぶ変えた武器の感触が意外と気に入るなんてこともあり、弾数の制限を上手く利用して、武器の切り替えを通じてハード面の性能も味わう方向に誘導されているような印象も受けた。

リアルな感触×最善手を選ぶことの楽しさを知ってしまうと、緊急回避のファントムダッシュや、ハンマーを使った近接攻撃なんて存在を忘れ、多様性のある射撃に限界まで夢中になってしまう。

SSDのお陰でリスタートは一瞬だし、限界まで射撃を楽しめばいいんだよ!

射撃武器の感触以外にも、投擲系の武器でもハードの進化を感じることが出来る。今までのゲームであれば、L2で投擲軌道を表示してR2で投げていたところを、R2半押しで投擲軌道を表示してR2全押しで投擲と、R2だけで一連の作業を完結させている。デュアルセンスは、明確に全押し半押しを使い分けられるので、事実上ボタンが増えたようなもの。そして片方のトリガーだけで完結すると操作がより直感的になり遊びやすい。

なお、気に入った武器を使い込めば、レベルアップして特性が変化してより強くなる。ショップでは道中で手に入れた強化アイテム(ラリタニウム)を消費することで、性能のアップグレードも可能。アップグレードはスキルパネル方式なので、強化の方向性を自分で選べるのも嬉しい。

好きな武器を好きな方向性に強化させていこう。スクリプト言語が漏れてローカライズがおかしい部分があるが気にしない・・・

ちなみに、武器は購入時の解説も気合の入った作りになっている。武器の解説動画が、完全に悪人向けの通販番組のようなノリに仕上がっており、ラチェット&クランクのビジュアルにミスマッチなのがこれまた良い。

武器解説を最後まで全種見たゲームはこれが初めて!

ラチェット&クランク パラレル・トラブルは、このような最高の射撃体験を提供してくれるのだが、ゲームをクリアした時点での感想は、ただ一つ、”撃ち足りない”である。

目に付いた寄り道はこなしつつもクリアまでは約10時間。まだまだ武器を切り替えながら、更に難易度の高い戦闘に身を置きたいという感情が沸いてくる。クリア後にはチャレンジモードが用意されているので、そちらを遊べば良いのだが、折角バトルに特化したアリーナが用意されているので、アリーナを充実させてリスタートせずともやり込める要素が用意されていると嬉しかった。腹8分目とは行かず、6割ほどの満足感でストーリーは終わってしまうので、1周で武器を味わい尽くしたい人はプレイ開始時に高めの難易度を選択した方が良いだろう。

射撃以外のアクションにも触れておくと、障害物を避けながらウォールライドしたり、電脳空間で重力制御のパズルをやったり、多脚戦車(グリッチ)を天地反転させながら操作したりと、程よい量のサブアクション要素が用意されている。これがまた絶妙で、メインストーリーで射撃戦闘ばかりが続いて疲れた頃に現れ、適度に気分転換できるアクセントとなっている。

ミスって落下しても直近のスタート地点からリスタート可能。

グリッチの操作は視点の移動が独特で、人によっては酔う。幸い、全クリアしなくてもストーリーは進行するように配慮されている。

パズルは気分転換にピッタリ。落ち着いて考えれば直ぐ分かる。

なお、グリッチのガトリングガンは、アダプティブトリガーの寿命が心配になるぐらいのリアルな連射感覚を返してくれるので、PS5を持っているなら絶対に体験してもらいたい。

2.豊富なロケーションと次元移動

ラチェット&クランク パラレル・トラブルは、超高性能なフォトモードが話題になったスパイダーマンと同じく、インソムニアックゲームズ開発のゲームだ。そのため、Marvel’s Spider-Manに搭載されていたフォトモードをほぼそのまま利用できる。

星々やパラレルワールドを行き来するゲームなので、魅力的なロケーションが次々と溢れ出てくる。そのため、Marvel’s Spider-Man並みに、行く先々で頻繁にフォトモードを起動したくなる。まさかこのゲームでもフォトモード沼にハマるとは想像もしていなかった。

未知のロケーションに到達するとまずはフォトモード。

巨大な敵も多く、迫力のあるスクショを作成可能。

エフェクトを掛けまくっても面白い。

Marvel’s Spider-Manと同様に、フィルターやフレームが大量に用意されているので、適当なシーンでストップをかけて僅かばかりエフェクトを触ってフレームを付けるだけで実に満足度の高いスクリーンショットが完成する。また、元々が超美麗なゲームなので、一切手を加えずに素撮りしてもそれなりに”映える”スクショが手に入るのも嬉しい。

景色だけを撮るのも良い。

惑星移動中のワンシーンでさえ、気が抜けない美しさ。

3.完全新規IPのアクションゲームでも良かった

ラチェット&クランク パラレル・トラブルは、シリーズ物の最新作だが何一つ前情報を持っていなくても問題も無く楽しむことが出来るアクションゲームだ。しかし、シリーズを初プレイでキャラクターに思い入れの無い筆者としては、兎に角可愛いだけでは無く、皇帝に反逆するレジスタンスとして勇ましく活動するリベットと比較して、常に締まりのない顔をしているラチェットにはさほど愛着は湧かなかった。

このシーンでこの顔合ってる?

幸い、アーマーを装着すると見た目はそれに準じたものになるので、お気楽な雰囲気の顔がフォトモードの邪魔になることは無いが、ラチェットパートが始まると、さっさと終わらせてリベットパートをプレイしたいという気持ちになった。

なお、自動進行のイベントシーンでも装備したアーマーは反映されるが、ヘルメットだけは自動で脱いでくれる配慮がされていて嬉しい。プレイシーンとイベントシーンは一切の読み込みがなくシームレスに繋がるが、ヘルメットは如何にもSF作品っぽく自動でアーマーに収納されていき、イベントが終わると違和感なく展開・装着される。これも次世代機の魅せる技だ。

悪役のトルーパー感。

ラチェットに対するリベットのように、ロボットのパートナーであるクランクの対の存在として、キットというロボットが登場するが、こちらは最後まで好きになれなかった。ウジウジとした見ていて鬱陶しい性格に加えて、ローカライズ&ボイスが如何にもオタク男性をターゲットにしたもので、非常に完成度の高いこのゲームには不適に感じた。

冒頭にも書いた通り、キャラクターもストーリーもローティーン向けだが、アクション面は完全に大人向け。ビジュアル&ストーリーのターゲットと、アクションゲームとしてのターゲットがマッチしていない。(難易度も超簡単なモードが用意されているので、下方には互換はあるが)

そのため、シリーズ初経験者としては、ラチェット&クランク新作ではなく、アクションゲームとしての面白さはそのままに、PS5の購買層に合わせた大人向けな新規IP立ち上げても良かったのでは?という率直な意見を持った。

往年のファンであれば文句なしで★5の100点になるような気がするが、新規参入者の目線で見ると、一部理解できない部分が残るので、評価としては★4の85点を付けた。2021年7月現在、PS5を既に持っているなら間違いなく買いであることには変わりない。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)