10月31日まで!AmazonMusicUnlimited 4ヶ月無料

塊魂アンコール【レビュー/評価】らしさを失わない見事なリマスター!3D酔いまで完全再現しているぞ!

評判/点数/感想
  • 5段階評価:★★★★☆
  • 点数:80点
  • コメント:低価格リマスターとしては非常に良く出来ている。
  • レビュー投稿時の進行状況:うお座まで
  • プレイ時間:約5時間

塊魂アンコールは、初代塊魂のHDリマスター版であり、2018年12月20日にSwitchで発売された。時限独占が終わり、2020年11月19日にPS4/Xboxでも発売。モンキークラフト開発で、バンダイナムコ発売。

参考 塊魂アンコール公式サイト公式サイト

有名なシリーズのリマスター版ということで、最早ゲームの詳細な説明は不要だと思うが、念のために最低限の特徴だけを列挙しておく。

  • 主人公である”王子”が、星空をぶっ壊した”王様”の尻拭いで地球で塊を転がして、延々と色々な物を巻き込んで星を作るゲーム。
  • ステージ毎に決められたサイズまで、決められた時間で到達すればクリア。
  • ステージ前後の、王様のふざけたセリフもこのゲームの醍醐味。

1.フルHD化で非常に遊びやすくなったが3D酔いは健在

オリジナルの塊魂が発売されたのが2004年。実に16年経ってからのリマスターという事で、グラフィックが大幅に改善され、画面も4:3から16:9になった事で、ゲーム内の視認性は格段に向上している。

塊魂をプレイした人にアンケートを取れば、間違いなくこのゲームの特徴として上ってくるのは”3D酔い”だ。塊魂と3D酔いは切っても切れない関係であり、リマスター版では3D酔いは改善されているのか?は、非常に気になる所ではないだろうか。

結論からいうと、リマスターした塊魂アンコールも見事に酔った。

筆者はPS2版をプレイしたときには盛大に3D酔いしており、あれは独特の操作とカメラワークに加えて、荒いグラフィックが原因であり、HDリマスターすると改善されると期待していたが残念ながら3D酔いは健在だった。

酔って腐った魚みたいな目になっちゃう。

Vita版”塊魂 ノ・ビ~タ”でも酔ったので、どうせ今回も酔うだろうと思っていたが案の定酔った。塊魂 ノ・ビ~タは携帯機で遊ぶゲームだったので、大画面で距離を取って綺麗な画面でプレイできる塊魂アンコールには期待を抱いていたのだが、その思いは儚く散ってしまった。つまり、塊魂の酔いの根本原因は操作方法とカメラワークな訳だ。グラフィック、視野、距離はさほど関係ない。

薄々も3D酔いすることは想像付いていたのだが、それでも、”今回は行けるんじゃないか・・・”と、チャレンジしてしまう魅力が塊魂にはある。

酔いを我慢して遊ぶだけの価値がある良作!

一応、塊の操作性にも調整が入っているようだが、3D酔いの解決に寄与するような大きな変更では無かったようだ。

操作タイプ、王子星でキツツキ?を調べると変更可能。通常操作・カンタン操作のどちらも試してみたが、どちらでも3D酔いした。FPSとかTPSは何時間やっても酔わないのだが、塊魂は酔ってしまう。人体の不思議。

+ボタンから変更は出来ないので注意。

2.面白さは何も失われていない

さて、いきなり3D酔いのネガティブな話題を書いたのだが、リマスターされても、オリジナルの塊魂”らしさ”は一切失われていない。

小さかった塊をコツコツと転がして育てていき、段差を乗り越えて広いエリアに出れるようになり、更に塊を育てた後に初期エリアに戻って来て、最初は巻き込めなかったオブジェクトを根こそぎはがし取ることが出来た時の快感は唯一無二だ。最終的には、人も車も電柱も・・・と、何でもかんでも巻き込まれて阿鼻叫喚の地獄絵図に変わっていく様は、何ともシュール。リマスターされて綺麗になったので、巻き込まれたオブジェクトがバタついている様子もしっかりと識別できる。

何一つ変わらぬリマスター作品なので、あの転がし体験を再び楽しみたい人なら間違いなく満足する出来栄えである。リマスター作品として”完璧”なのだ。

転がし体験は、安心と信頼の面白さ!

最初は小さな塊だが・・・

もう滅茶苦茶だよ

なお、Switch版はHD振動にも対応しており、人によっては”巻き込んでいる感”を堪能できるかもしれない。筆者の場合は、3D酔いするので振動に意識を割いている余裕が無いので、振動しているな・・・という感想しか持たなかった。

3.PS4版とSwitch版どちらを買うべきか?

約2年遅れでPS4/Xbox版が発売される訳だが、これから買う人はSwitch版を含めてどちらが良いか?それはずばり、PS4版である。

何故かというと、

PS4のコントローラーは、左右のスティックが同軸に並んでいる。

である。

このゲームはカンタン操作なら、左スティックのみでキャラ移動可能だが、オリジナル操作の場合は常に左右のスティックを同期させて動かす必要がある。Switchの場合、ジョイコンもプロコンも左右のスティックが同軸に配置されていないため、やや指に違和感を覚える。

好みの問題かもしれないが、個人的にSwitchのスティックの並びは好きじゃない!

なお、互換コントローラーでスティック位置が同軸な物が安く売っているので、そちらを持っている人はSwitch版をオススメしたい。(このレビューを投稿した時点では、Switch版の新品が値崩れしているため)

3D酔いする人もしない人も、塊魂ファンは、塊魂アンコールを買って完全新作に期待してはどうだろうか。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)