Xboxをこれから買う人は必見!Game Pass Ultimateの100円アップグレードが凄い!

Lethal League Blaze(リーサルリーグ ブレイズ)【レビュー/評価】スマブラと野球を掛け合わせたら、超高速エアホッケーが始まった2D対戦格闘ゲーム

評価と感想
  • 5段階評価:★★★☆☆
  • 点数:75点
  • 感想:オンライン対戦人口がネック。
  • レビュー投稿時の進行状況:一人で黙々とCPU対戦。
  • プレイ時間:約5時間

Lethal League Blaze(リーサルリーグ ブレイズ)は、2019年7月12日にPS4/Xbox/Switchで発売された、Team Reptile開発の2D対戦格闘ゲーム。

スマブラと言えば、最早説明不要の国民的対戦ゲーム。一方で野球と言えば、斜陽の老人向けコンテンツだが知名度の高い球技。リーサルリーグ ブレイズは、そのようなメジャーゲームとメジャースポーツである、スマブラと野球をミックスしたゲームである。しかし、それらをミックスして生まれて来たものは、全身で打球を受け止めるエアホッケーのような闇スポーツ、リーサルリーグだった。

試合開始はプレイボール!なので野球。

1.打球を対戦相手にぶつけてHPを削るゲーム

リーサルリーグ ブレイズは、体力制の2D対戦格闘ゲームのように見えるが、相手に対して一切の直接攻撃を行うことは出来ない。相手の体力を削る方法は一つ、ボールをバットで打ってぶつけること。バットと言っても、ボールを打撃する方法は様々で、ハンマー、卓球のラケット、ローラーブレード、自分の尻尾など、キャラクターによって得物は様々だ。

ゲームの基本はボールを打ち返しによるラリーだ。ラリーの応酬が続くと、ボールはどんどんと加速していく。高速になったボールを角度を付けて打とうものなら、ボールはエアホッケーのパックの如く画面内を反射する。どの程度にエアホッケーかと言えば、エアホッケーを遊べば必ず体験するような、パックが高速で乱反射して追い切れずに手に負えなくなる状況を思い浮かべてもらえれば理解が早いはずだ。

なお、リーサルリーグ ブレイズは、対戦シーンを静止画で切り出すと映え無いゲームなので、出来る限り動画を見てもらいたい。

ボールを打って相手にぶつけるバイオレンスなスポーツ。

対戦の勝利条件は、加速や反射を駆使したボールを相手にぶつけてHPを削り切る事だ。単純にボールを打つだけでは無く、飛んでくるボールを捕球してからの投げ返しや、ボールの威力を落として中立ボールにするバント、相手の妨害に対するパリィなど、幾つかのアクションが用意されている。バントはエアホッケーで言えば、一度パックを挟んで止めたり、軽く当てて自陣で反射させて勢いを殺して打ちやすくするような行為に近いだろう。

加速したボールは追いきれなくなってくるが、ボールの色を見ればマイボールかどうかを判断できる。マイボールに触れてもダメージは無いので、ボールに追い打ちしてさらに加速させたり、飛ぶ方向を変化させて相手を揺さぶって行く。時にはバントからのスマッシュや、捕球して真上に投げて高さを変えてから打つなど、リニアな応酬だけでは無くタイミングをずらした打撃を加えることが勝利の秘訣となる。

赤や青などの色で誰のボールか分かる。

バント後の紫のボールは中立。

高速ラリーを制した時や、タイミングをずらして意表を付けた時には、思わずガッツポーズをしたくなるような嬉しさがある。エアホッケーで緊張感抜群のラリーの果てに、見事相手のポケットにパックをぶち込むことが出来た時のような達成感に近い。

2段ジャンプを駆使した空中での攻防がアツい!

リーサルリーグ ブレイズにはストーリーモードが用意されている。ストーリーモードでは、リーサルリーグは死人が出るレベルの危険度であり、非合法の闇スポーツであることが語られる。また、ストーリーモードでは、個性的なキャラクター達が、この競技に何故魅入られ・参加するのか、その理由が語られる。

短いながらもストーリーモードが用意され、キャラクターのバックボーンが見える。

キャラクターはどれも個性的。

ちなみに、ストーリーモードと言えども、独特な操作性に慣れるまでは簡単に勝たせてはくれない。CPUの反応速度は明らかに人間よりも優れており、これは決まった!と思った打球を見事に打ち返され、その瞬間にはこちらが反応しきれずに倒されるということが良くある。画面下のラジカセのゲージが、相手の打ち返しタイミングを示しているのだが、そこを見ながら冷静に判断できるようになるには時間が掛かる。

2.本命は4人バトルの大乱闘

リーサルリーグ ブレイズの本命は、間違いなく4人バトルの”大乱闘”モードだろう。1vs1でも対応が難しいボール競技が4人対戦になると、とんでもなくカオスが加速する。これまた静止画では伝わらないので動画を見てもらいたい。

CPUは7段階のレベルあり。

最後の1人になると中立ボールになって全員復活。残機0になるまでそれを繰り返し。

大乱闘では、いつ誰が高速な打球を繰り出してくるか分からない。乱戦から少し離れて、様子を見て漁夫の利を狙おうなどという考えて油断すると、不意に飛び出て来たボールに反応しきれず敢え無くノックアウトされる運命だ。従って、大乱闘に勝利するには、集中力を切らさずに積極的にボールを追い、果敢に攻め続けなければならない。敵3人を見つつ、動き回るボールを追うという、今までに経験した事の無い視点の動きが新鮮だ。

このような斬新な4人対戦を思う存分楽しみたいのだが、リーサルリーグ ブレイズはマイナーインディゲームの宿命である、プレイ人口の問題を抱えている。オンライン対戦の成立が絶望的なのだ。試しに1時間ほど待機してみたがマッチングは成立しなかった。後述するが値引きの状態からして恐らく1000本程度しか売れていないだろう。

1回ぐらいはオンライン対戦で遊びたかった!

Switchのいっせいトライアルか、PS+のフリープレイ入りするなどして、プレイ人口が増えてくれれば望みがあるのだが・・・。

3.オフライン対戦ツールとしては優秀

リーサルリーグ ブレイズは、オンライン対戦の成立は厳しいが、オフラインの対戦ツールとしては盛り上がること間違い無しだ。対戦ツールとして圧倒的な市民権を得ているスマブラだが、ハンデキャップ機能があれど実力者と初級者では腕前に雲泥の差があり、気持ち良くプレイするにはどうしても途中から接待プレイが必要となってくる。未知のプレイフィールで新鮮さに溢れる本作は、そのような気遣いをする必要が無く、気軽に4人対戦出来るため、パーティゲームの選択肢の一つとして間違いなく”アリ”だ。価格もDL版、パッケージ版共に安く、たまにしか遊ばなくても間違いなく元が取れる。

上記の動画の通り、一人でもCPU3人相手に対戦は可能だが、虚しくなるだけなので流石に長続きはしない。誰かとオフラインで遊ぶ機会がある人は、いつもと指向を変えた遊びの一つとして検討しては如何だろうか。

なお、当レビューを投稿した2021年8月現在、パッケージ版が約70%OFFと投げ売りされている。パッケージ版はアートブック付きなので、興味があればDL版よりも安いパッケージ版を購入した方が良いだろう。また、ゲームコレクターであれば、このゲームは早めに抑えておいた方が良いだろう。アートブックとゲームパッケージがセットで紙箱に収められた商品となっているため、何年かした後に、新品が全て吐けてしまい、入手手段が中古に限られた場合、紙箱の状態の良い物を探し出すのは困難になるだろう。

4.追記:Xboxゲームパスにて遂に対戦が実現

リーサルリーグ ブレイズは、Xboxのゲームサブスクサービスであるゲームパスに対応している。そのお陰で念願かなって対戦が実現した。が、CPUを空きメンバーに混ぜることが出来ずにタイマン勝負しか遊べなかった。オンライン対戦で真価を発揮するにはXboxユーザー4人の都合を合わせる必要があり、結局のところ敷居が高い。Xboxでもオンラインのクイックマッチに人が居ないことを確認したので、項目3に記載した通りオフラインで集まることがある人向けの対戦ツールという認識で問題なさそうだ。

【Xbox初心者向け】Xbox Live Goldを3年分を、100円でGamePassUltimateへアップデートして遊んだらオトク過ぎた【ゲームパス】

ゲームサントラも大量に用意されているので、作業用BGMを探しているゲーマーは是非!

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)