PSストアチケットが1,100円分ボーナス付きで販売中

アーマードコア6プレイデモ映像公開や、PlayStationPlus 2023年6月のゲームカタログ追加タイトル公開など – 他ゲームネタ32件

目次 非表示

目次へ

2023年6月10日~6月16日のゲームネタまとめ

新作『アーマードコア6』プレイデモ映像を公開

動画冒頭で爆発的な加速で一本橋を進むシーンを見た瞬間に、ACが帰ってきたと実感した。デモ用で映える巨大人口建造物のステージを選んだようだが、戦闘エリアは広く情報量が多くなって進化を見て取れる。そして大型のボス戦からは今までにない“ソウル感”が伝わってきたのも嬉しい。これは間違いなく何度も倒され続けて、アセンを見直しての繰り返しになりそうだ。楽しみで仕方がないな。

PlayStation®Plus 2023年6月のゲームカタログ追加タイトルを一部公開

ゲームカタログサービス開始から1周年ということで色々と動きがあるらしく、タイトルの公開は一部に限定しているようだ。PlayStation5用タイトルのクラウドストリーミングはともかく、FarCry6やInscryptionが追加される時点でそれなりに豪華なのだが、残りの追加タイトルには出し惜しむほどのサプライズを期待しても良いのだろうか?

Marvel’s Spider-Man 2 予約受付開始

10月20日発売。
19インチのヴェノムと戦う二人のスパイダーマンのフィギュア付き限定版も設定あり。

怒首領蜂大復活のSwitch版が日本でも発売

海外向けにLimitedRunにて発売された、怒首領蜂大復活のSwitch版がSUPERDELUXE GAMESでも取り扱い決定。チップチューンアレンジアルバムまでついて約4500円と嬉しい価格設定。

雷電Ⅲ×MIKADO MANIAX 2827円で投げ売り中

“Xbox Games Showcase”発表まとめ

前情報通りにペルソナ3のリメイク作である、『ペルソナ3リロード』が登場。加えて低等身キャラクターで雰囲気が変わりSRPGになった『ペルソナ5 タクティカ』も登場。そして2016年にPROJECT Re FANTASYとして発表されて音沙汰が無かった完全新作が、『メタファー:リファンタジオ』として発表。

Xboxに関係する情報は別記事でもまとめているので、そちらも参照してもらいたい。

『ペルソナ3 リロード』と新作SRPG『ペルソナ5 タクティカ』の追加プラットフォームが発表 Xbox版だけでなく、PSなどでも発売へ

E3が無くなり発表の場が分散してしまったので、プラットフォームの制約を受けて情報が小出しになる弊害が。メタファー:リファンタジオもマルチプラットフォーム。ペルソナ5 タクテイカは既に予約開始している。

Xbox Series S 1TB(Black)ブラック スペシャルエディション 予約受付開始

性能はそのままに、SSDの容量が1TBまでアップした黒色版が9月8日発売。容量は512GBでも十分だが、本体の色はやはり白より黒が良い。その理由は簡単で、歴代の白色ゲーム機を思い浮かべて欲しい。全員が黄ばんだコントローラーや本体が脳裏をよぎったことだろう。白色ゲーム機が黄ばむ歴史を繰り返してきたので、黒の方が安心なのである。

『Starfield』最新のゲームプレイ映像が公開。膨大な宇宙空間を探検するベセスダ最新作の詳細が明らかに

オープンワールドゲームというとチェックの大変さからバグが多いイメージだが、ベセスダ史上最もバグが少ないらしい。

Star Field 関連商品が3種類が予約受付開始

注目のベセスダ最新作スターフィールドに、スマートウォッチ付き限定版、コントローラー、ヘッドセットが登場。最高にクールなデザインなので全種類即予約した。限定版は9月6日発売。コントローラーとヘッドセットは先行して即日出荷。Xboxの限定版コントローラーと言えば、そのデザイン性の良さから直ぐに売り切れてしまいまともに買えないイメージだが、今回は相当量を用意している模様。
白地に灰色でSF的な情報を散りばめ、それでいて差し色はどこかレトロさを感じさせる。控えめに言って最高なデザイン。発売された瞬間に注文した。

カプコンショーケースまとめ。

『ゴースト トリック』体験版や『逆転裁判456』『ドラゴンズドグマ2』などが公開。完全新作アクションのKunitsu-Gamiは、恐ろし気な和の世界でありながらも伝統美を感じるような世界観で期待が高まる。スマホゲームには興味は無いが、『ロックマンX DiVE オフライン』が売れてこそロックマンX9へ繋がると信じて買おう。そして『プラグマタ』は2023年もダメな模様。

Ubisoft Forwardの発表まとめ

Xboxの方でも発表されていたオープンワールド『Star Wars Outlaws』や、原点回帰な『アサシン クリード ミラージュ』のゲームプレイが公開されている。アバターのオープンワールドは12月。スカル アンド ボーンズはようやく8月25日からクローズドベータテストなので年内には発売されるか?

FINAL FANTASY XVIの体験版に収録されるバトルデモは、本編で一番暗いシーン

暗い暗いと言われたことに言及しつつも、バトルデモは本編で一番暗いシーンを持ってきたらしい。デモ版の出来栄えはともかく、暗いというイメージは払拭する気が無いようだ。

演出の都合上、本編では暗いシーンもありますが、体験版では標準的な明るさの戦闘シーンをご用意しましたので体験してみてください。

ぐらいできないのか?一応買うけど、吉田の非常識さ,それを野放しにするスクエニ,このスタイルを迎合する信者は理解できないわ。

『ファイアーエムブレム 封印の剣・烈火の剣』が“GBA Nintendo Switch Online”で6月23日配信決定

こういう中古価格が高めなところを積極的に配信してくれると非常に有難い。

スコットランド発のシューティングゲーム『CYGNI: All Guns Blazing』がもはやSF映画の美しさ

ゲームに興味のないKONAMIが急にインディーゲームのパブリッシングをやる続報。インディーゲームの販売を請け負うことで得る収益なんて、今のKONAMIの規模を考えると旨味無いと思うんだが、一体何が目的なのだろうか。

【野生のロックマンX】協力プレイ対応ローグライトアクション『30XX』Steamにて8月9日正式リリースへ

公式がロックマンX9をいつまで経っても作らないから、インディー界隈では次々とフォロワー的な作品が生まれている。

自分の武器で前が見づらい。「Vampire Survivors」にインスパイアされた“火力こそ正義 ”のFPS「Vampire Hunters」

サバイバーズ系が見下ろし視点から飛び出して3DのFPSへ。視界を著しく奪う火炎放射系の武器は間違いなく地雷。

ドルイドとして森を散歩するローグライク「Druidwalker」がSteamで本日発売に

ついに散歩までローグライク化してしまった。ローグライクの躍進が止まらない。

The VagrantのSteam版が再び94円に

野生のヴァニラウェアこと、ソード オブ ザ バークラントが再び狂った価格に。Switch版は1000円なので破格。

「ストリートファイター6」ゲームプレイに応じて報酬をゲットできる「ファイティングパス」第1弾、配信開始

1250ファイターコインを2640円で手に入れてから、ファイティングパスを250ファイターコインで購入する必要あり。こういう集金スタイルは基本無料のゲームだから成り立つんだよ。ワールドツアーモードが無かったら★3でしたねえ。

頭や腕がポロポロ取れる!日本画風グロ格闘ACT『Falling Limbs』発表

キャラメイキングから4人のオンライン対戦まで備えており、一発ネタだけではなくしっかりと遊べる模様。

「ゼルダの伝説 ザ・ムービー」もそう遠くない?海外ジャーナリストがユニバーサルと任天堂に“大きな取引”があると発言

あれだけマリオが成功すると欲が出るよな。トントン拍子に映画化が決まりそう。

お値段30万円!『キングダム ハーツ』アイコンマークの刺繍、特別なプレートが付いたクラシックなソファ

30万円でまさかの合皮。熟練工がどうとか関係なく、合皮は経年による加水分解でボロボロと崩れていくんだが。

1930年代カートゥーン風アクションSTG「Enchanted Portals」は今年後半の発売に

カップヘッドに似すぎているが、果たして評価はどうなるか・・・

ティファに“別人疑惑”が!?『FFVIIリバース』最新映像で新要素が判明し、謎は深まる

そらそうだよ。偽物だから黒インナーを着ているんだよ。

コログの大量確保

流石にこれだけいたら友達混じってるだろ。

guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments