【3ヶ月無料】Amazon Music キャンペーン

【50%OFF】Fire TV Stick 4K Max 第1世代

【無償アプデテスト】Marvel’s Spider-Man: Miles Morales をPS4版からPS5版にアップグレードしてみた

2020年11月12日にPS4/PS5の縦マルチ発売された、Marvel’s Spider-Man: Miles Morales(スパイダーマン マイルズ・モラレス)は、PS4版を買ったとしても無償でPS5版にアップグレードできる。

そこで、筆者はPS5本体を持っているが実際にアップデートをやってみたかったので、敢えてPS4版を買って実際にアップグレードをしてみた。

この記事ではアップグレードの様子と、簡単なフォトモードの紹介をしている。

以前、マイルス・モラレスとは誰なのか?という解説記事をアップしているので、興味がある方はそちらも参考にしてもらいたい。

Marvel’s Spider-Manではマイル“ズ”と濁った表記になっているが、単純な表現の振れなので気にする必要はない。数多くあるスパイダーマン作品を見ると、マイル“ス”表記の方が多いがゲーム版はマイル“ズ”となっているようである。

アップグレードは差分ダウンロードではない

PS4版とPS5版の2本をインストール

“アップデート”や“アップグレード”と聞くと、既存のデータに差分を適用して最新の状態にするようなイメージを持つだろう。しかし、PS4/PS5のMarvel’s Spider-Man: Miles Moralesでは、PS5本体にPS4版のディスクを入れた場合、差分のダウンロードでは無く、PS5版のデジタル版を丸々ダウンロードすることになる。

PS5本体にPS4版のディスクを入れると、最初はPS4版のインストールが自動で始まる。PS4版のインストールが完了した状態で、ホームのゲームアイコンを選択する“プレイ”のアイコンが出て来るが、その右側にPS5版の無償ダウンロード案内が表示される。そこをクリックすると、PS5版のデジタル版をダウンロード可能だ。

PS5版のインストール完了後に本体ストレージを見ると、しっかりと別のゲームとしてPS4版とPS5版が別々にインストールされていることを確認できるだろう。

インストール容量は、PS4版が53.01GB、PS5版が40.29GB。

意外にもPS5版の方が10GB以上サイズが小さい。詳しい事は分からないが、PS5版は圧縮技術が進化しているのだろう。

なお、PS4版とPS5版をインストールしても、ホーム画面にはスパイダーマンのアイコンは一つしか表示されない。オプションボタン⇒ゲームのバージョンから、PS5版とPS4版を切り替えることが可能。

ディスクを入れたタイミングや、無償アップグレード版をインストールし終えたタイミングによっては、PS4版にチェックが入っている可能性がある。念のために初回プレイの際にはPS5版にチェックが入っていることを確認した方が無難だろう。

なお、PS5デジタル版が丸々インストールされているとはいえ、プレイする時はPS4版のディスクが必要になる。PS5版のデータは丸々ダウンロードされているので、ディスクから何か読みだすことは無いと思うが、プレイ途中に偶にディスクが回転を始めることがある。定期的に認証をしているのだろうか?なお、普段はディスクが回転していないので無音だ。

PS4版は削除しておこう

PS5版を無償ダウンロードしたら、先行してインストールされているPS4版は不要なので、早々に削除することを推奨する。まだまだSSDに余裕があるから消さなくて良いと思うかもしれないが、スパイダーマンのアップデートパッチが配信されるたびに、PS5版とは別にPS4版のパッチもダウンロードされてしまう。

最近のゲームはアップデートでも数ギガ~十数ギガを要することが多いので、無駄なダウンロードを回避するためにも、忘れずにPS4版を削除しておきたい。

データを削除する手順は以下の通り。

PSボタンを押す⇒ホーム⇒上を押して歯車アイコン⇒ストレージ⇒インストール先を選んで、ゲームとアプリ⇒チェックを入れて削除

折角なので撮った写真を見てくれ!

Marvel’s Spider-Manと言えばフォトモード。前作ではストーリーに夢中で、フォトモードを殆ど遊ばずに進めてしまったので、今回はフォトモード中心に遊んでいる。

筆者は写真撮影テクニックなんて全くと言って良いほど知らないが、そんな素人でも超絶に格好いい写真が取り放題だ。

ゲーム進行をストップした状態そのままを撮影しても良いが、追加の光源を配置した方が見栄えが良くなることが多かった。

ここに載せている写真はサイズをリサイズして1200×675に縮小しているが、PS5からツイッターに送った場合は2560×1440で保存されている。

お気に入りのシーンでPC向けの格好いい壁紙が簡単に作れる点も評価したい。

電気に合わせて黄色い光源で見やすく。
〇ボタン押せばこのポーズになる。
多分このゲームで一番使う技。

スーツが変わると写真の印象も変わる。新しいスーツのアンロックが毎回楽しみ。

下から光を当てて、胸元に影が落ちるようにするとガラっと印象が変わる。
奥にアベンジャーズタワー
フレームも豊富
NYらしいウォールアート

この下2枚はイベントシーンのフォト。イベントシーンはカメラアングルや各種補正に大幅な制限が掛かるが、素撮りでも十分に絵になる。

スマホ弄るだけでも絵になる。
これぞスパイダーマンなアクションシーン

カメラマンになった気分で、延々と写真で遊んでいられる。フォトモード沼にハマると一気にクリアが遅くなるので注意しよう。

ゲームの体験としては前作と大きな変化は無し

本作は前作のMarvel’s Spider-Manと同様に文句なしの神ゲーなのだが、根本的なスパイディ体験としては大きな変化はない。

前作の時点で完成されたゲームだったので満点以外付けようがないが、直前にPS4版をプレイしていた人は新鮮味に欠けるという感想を持つかもしれない。前作を発売後直ぐにプレイした人にとっては正に待ちに待った続編だが、前作を直前に遊んでいると評価は変わってくるだろう。

PS5本体と同時に発売されたゲーム以外に、PSプラス会員向けにPS4の名作19作品がフリープレイに入っているので、プレイする順番を考える時の参考にして頂きたい。

オマケ

バグってニューヨークのビルの中に落ちてしまった。ビルは破壊できないので脱出不可能に。

そんな時でも自動セーブ&爆速SSDのお陰で一瞬でチェックポイントからリスタート出来て助かる。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)