バイオハザード ヴィレッジ 各種 予約受付開始!

PS5 Marvel’s Spider-Man: Miles Moralesは設定を変えればファストトラベルでロード画面が出る

ちょっとしたロード画面に関する小ネタの記事です。

マイルスに関する解説と、無償アップグレードに関する記事は以下を見てください。

<div class=”kanren”>わかる!スパイダーマン マイルス・モラレス!スパイダーバースを絡めて”PS5 Marvel’s Spider-Man: Miles Morales”の主人公を解説</div>

<div class=”kanren”>【無償アプデテスト】Marvel’s Spider-Man: Miles Morales をPS4版からPS5版にアップグレードしてみた</div>

1.爆速SSDで本来はロード画面不要だが・・・

PS5の一番の魅力は何といっても読み込みの速さ。PS4のオープンワールドゲームはファストトラベルとは名ばかりで、確かに歩くよりは早いけれども、30秒とか1分とか待たされる作品が多かったです。前作のPS4 Marvel’s Spider-Manも例外ではなく、ファストトラベルを行うとロードで少し待たされました。ただ、ロード中にスパイダーマンと一般市民が地下鉄で交流する様子が描かれており、それが割と好評でした。

PS5/PS4で発売されたMarvel’s Spider-Man: Miles Moralesですが、PS5版は爆速SSD搭載でロードが一瞬で終わるため、ファストトラベルをしてもロード画面が現れません。しかし、オプションから設定を変えるとロード画面のムービーを流すことが出来るようです。

オプション⇒設定⇒ゲーム⇒ファストトラベル中のシネマを再生⇒オン

これで、表示されるようになります。初期設定はオフになっています。

敢えてロード画面を表示する設定までしっかりと用意してくれるインソムニアックゲームズは素晴らしいですね。

PS5でプレイしている人も、折角なので一度ぐらいはオンにしてみましょう!

なお、ロード画面ではフォトモードを起動できませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)