バイオハザード ヴィレッジ 各種 予約受付開始!

【悲報】サイバーパンク2077、舞台であるナイトシティは”見た目が全て”なのに、キャラメイクのプリセットにブサイクしかいない

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★★☆
  • 点数:85点
  • コメント:PS5でプレイしてエラー落ちはまだ2回だけ
  • プレイ時間:約7時間

12月10日に2020年最後の大作として発売された、CD Projekt開発のサイバーパンク2077をプレイしました。

同じくCD Projekt開発のウィッチャー3が2015年に発売されてから、今回のサイバーパンク2077発売までは約5年半も期間が空いており、全世界で期待値が上がりまくっていました。

しかし、バグが多い上にPS4では満足にクオリティを維持することが出来ず大炎上。更にPS5で遊んでも時々エラー落ちするという残念な結果で低評価が連発し、返金騒動からのDL版販売停止にまで至っています。なお、★4の85点という点数は、これはあくまでゲームの本質部分についての評価です。エラー落ちでガックリすることもありますが、その部分は加味していませんので注意してください。

また今回のレビューは、7時間ほどしかプレイしていない段階のものなので、キャラメイクの笑い話+ファーストインプレッション程度だと思ってください。

クリア後の感想は以下の記事に記載しました。

1.何故プリセットに美女を用意しない!

このゲームを開始すると、自身の生い立ちを決定し、次に外観を決めるキャラメイクを行います。

ナイトシティの郊外の砂漠地帯で生きるノーマッド、ナイトシティ生まれで覇権争いに明け暮れるストリートキッド、企業に属しながらも汚い仕事に手を染めるコーポレートの3種類からライフパスを選択。

コーポレートでスタートして、オーバーウォッチのソンブラみたいなハッカーキャラでプレイする!と意気込んでキャラメイクを開始しました。ただ、キャラメイクは全部最初からやるとそれだけで1時間とか飛んでしまうので、プリセットから選んで部分的に変えようと思っていました。

が、見事なまでにプリセットにブサイクしかいない。加えてランダムを選んでも、ロクなものが出てこない・・・。

サイバーパンク2077はタイトル通り、2077年の話なので今とは美的感覚は違うかもしれませんが、ここまで変わる事は無いだろ!スターウォーズで文化の異なる惑星に行ったレベルの顔ばっかり出してくるのやめてくれー。

ナイトシティでは、見た目がすべてだ

と、キャラメイク画面で煽ってくるのにこれはない。

この展開、前もあったなと思ったらPS5のデモンズソウルでした。あっちは顔装備で隠れるからどうでも良いと思っていたけど、サイバーパンクはちょっとなぁ。

人種をバランスよく入れる⇒分かる

ブサイクもハゲも色々入れる⇒分かる

白人美女は絶対に入れない⇒誰が得するねん!

この風潮、ほんとどうにかしてくれ。この記事のアイキャッチの美女みたいなのを入れて、全員が得する方向に行ってくれ。

一応、そこそこの見た目のキャラは作れるので下のスクショのような、バリバリに自己主張が強そうな感じで行く事にしました。

レベルアップするたびに、知識と技能にステータスを振って、戦闘では華麗に敵ハッキングしながらステルスキルしていく予定でした。

が、気が付いたら、完全に汚物消毒が得意な人になっていました。

このゲーム、基本的には敵を倒して装備品を収集し、それが強ければ次々と乗り換えて行くスタイルです。そのため、幾ら格好良くキャラを作っても、性能優先で装備していくと高確率でクソださなコーディネートになってしまいます。

それと、一部の頭装備は強制的に髪型が変わります。上のスクショのドクロの鉢巻きを頭に巻いたら、頭髪が何処かに行ってしまいましたよ・・・。

ちなみにザコモブコーデでもフォトモードは超楽しいです。

撮影終わった瞬間、盛大に事故った。

プレデターっぽい?

このパンイチ風ぽっちゃりさん何なの・・・

2.ストーリーの没入感は高め

流石に5年半も開発に時間を掛けているだけあって、ストーリーは実に面白いです。倫理観崩壊気味の近未来物ってのは、どうしてこんなにワクワクするんでしょうかね?意表を突くようなストーリーではないものの、プレイヤーが漠然と好んでいるような近未来SF設定が見事にゲーム内で再現されているからでしょうか?非常に没入感が高いです。

フルボイスによるローカライズも完璧で、より没入感を高めてくれます。時間は掛かりますが話をスキップせずに全部聴きたくなります。サイドミッションも大量に用意されていますが、それらを一切無視してメインミッションを進めたくなってくるぐらい楽しめています。

一方で戦闘はそこまで盛り上がらない。私はゲームの特色を生かすべく、前述の通りハッカー要素にスキル振りをしています。そして、ステージに設置されているオブジェクトをハッキングして敵の注意を引いてみたり、監視カメラを乗っ取ってエリア全体を把握したりなどをコマ目にやっていますが、途中からそれらのアクションが面倒くさくなってきました。

急がば回れで、細かくハッキングしてスマートに行けば大幅に時短出来る訳でも無く、結局途中で見つかって正面から撃ち合いになってしまいがち。さらに、刀やナイフなどの近接攻撃が強めなので、接近して攻撃していることが多いです。初回プレイは脳筋でやって、2週目からはステルス戦闘を追求した方が良いかもしれません。

大口径でヘッドショットしていくが正義

事前の高すぎる期待値+次世代機前提のスペックにより評価は荒れ気味ですが、冷静に考えて★4の85点というところです。

ある程度バグ修正も来ているので、気になっている人は周囲の評価を気にせずに買って損は無いかと。ちなみにエラー落ちしても小まめに自動セーブされているので、進行が少々巻き戻るぐらいです。完璧を求めてプレイしないのは勿体無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)