Kindle本ポイント還元キャンペーン5月31日まで!
最大で25%、3000ポイントまで還元!

2022年度(2023年4月入社向け)の任天堂 会社案内はパスポート仕立て!出入国スタンプ風に紹介された歴代製品が見所なコレクターズアイテム!

ニンテンドーの会社案内はファンアイテムである。

1年前にもこの言葉と共に、絵本風の会社案内を紹介した。

2020&2021年度の任天堂 会社案内は、就職希望者の家族までターゲットにした神アイテム

あれから1年経ち、2022年度分の会社案内を入手したので早速紹介する。

2022年度分の会社案内はパスポート仕立て。就職活動者の家族までターゲットにした前回の絵本とは異なり、なかなかに所有欲を満たしてくれる出来栄えだ。2022年1月中旬からネットオークションやフリマサイトで出回っていたが、リッチな見た目のお陰か需要が高く、1万円近い値段で取引されていた。そこから約2か月経過し、ピーク時の半額程度に落ち着いたため購入した。

未開封の状態。

所有欲を満たすパスポート&搭乗券

内容物は、パスポート風会社案内ノート、搭乗券風の就労日案内、カバー、イラストが描かれた台紙 の合計4点だ。

台紙の裏には注意書きが記載されている。カバーは流石に合皮。

比較するために筆者が持っているパスポートと並べてみる。

サイズや色は殆ど同じで、表紙に金色で箔押しされている仕様も同じだ。

Ever Changingとは、“絶え間なく変わる”や、“常に変化している”という意味だが、ハードが世代交代する度にユーザーを驚かせてきた任天堂らしい言葉である。

表紙を捲ると世界各国の任天堂の拠点が示されている。また、次のページは個人情報を記載する欄が用意されており、その下にはYou can go anywhereと記載されている。ワールドワイドに活躍の場が用意されているという意味だろうか。

搭乗券風の案内はフライトナンバーが2023、日付が4月1日、搭乗時刻が9時30分となっている。選考を通過すれば、2023年4月1日9:30から任天堂で働けることを示している。

金色のマリオシルエットのパスポートや、マリオやヨッシーが描かれた搭乗券の時点でファンアイテムとして満足度が高い。

スタンプを模した歴代製品案内がコレクター心をくすぐる!

パスポートと言えば、何と言っても出入国時に付与されるスタンプだろう。パスポートがスタンプが埋まると“海外に行った”という満足感があるものだ。しかし、近年では混雑緩和のためにスマートゲートが発達し、先進国を中心にスタンプは廃止される傾向にある。そんな思い出深いアナログ文化になりつつある出入国スタンプだが、今回のパスポート風会社案内では歴代製品の紹介手段として採用されている。

パスポート風会社案内の4ページ~21ページには、びっしりとスタンプが押されている。スタンプは任天堂が手掛けた歴代製品を表しており、花札やトランプから始まりゲームウォッチを経てファミコンが登場し、歴代のハードと著名なゲームソフトがスーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールドまで紹介されている。

以下にスタンプが押されている全ページを紹介する。

まずは祖業である花札から。

ゲームウォッチを経てついにファミコン。

ディスクシステムからスーパーファミコン。

数々の人気タイトルやスーパースコープ。

ニンテンドー64からゲームキューブへ。

ニンテンドーDSはマイナーチェンジのDSiもしっかりと。

マリオカート8のスタンプは特徴を捉えていて見事。

遂にスイッチが登場し、LABOやリングフィットといった変わり種も登場。

フューリーワールドがラスト。

2021年2月12日発売のフューリーワールドがラスト。不自然にスペースが空いていることから、2023年度はマイナーチェンジ版として、20ページと21ページが埋まったバージョンが提供されるのかもしれない。

なお、1995年に発売されたものの、余りにも時代を先取りし過ぎたために一瞬で消えて行ったバーチャルボーイは残念ながら載っていない。11ページには十分な余白があることから、スペースの問題という訳では無く、バーチャルボーイは任天堂の中でも黒歴史扱いなのかもしれない。

下は筆者のパスポートを撮影した物。実際のスタンプは空いている場所に雑に押されるので、綺麗に並ばないし日付順にも揃わない。

右下のアムステルダムは向きすら合っていない・・・

発売日カレンダーと会社代表の有難いお言葉

スタンプによる製品紹介の後ろには、2022年のカレンダーが載っている。各ページにプリントされた任天堂の人気キャラクターが目を引くが、スタンプで紹介された主要タイトルの発売日が、記念日風に記載されている。発売日の傾向を見るのも面白いだろう。

最後には社長である古川俊太郎氏と、お馴染みの宮本茂氏の有難い言葉が記載されている。

技術の発展=商品の魅力では無く、ユニークさが重要なのだという言葉が載っているが、正直これには賛同できない。

日本の市場で圧倒的優位に立つSwitchだが、肝心の性能が周回遅れなお陰で、マルチ展開されたソフトのSwitch版は軒並み低評価だ。ライト層は特に深く考えずにSwitch版を買うため、ソフトを不評に低く評価してしまうという問題が頻発している。業界を牽引するのであれば、常に最先端の技術を追い求めてもらいたいところである。

最後に少々不満を書いてしまったが、2022年度の任天堂 会社案内はコレクターズアイテムとして大満足だ。グッズ好きなら抑えておいて損は無いだろう。

会社案内を入手するにはどうすればよいか?

このようなニンテンドーファン必携の会社案内はどうすれば手に入るか?

答えは簡単で、メルカリ,ヤフオク,PayPayフリマで買えば良い。

2022年度の会社案内は、安ければ3,000円、高ければ10,000円ぐらいだ。

2022年3月13日現在、メルカリ,PayPayフリマは新規登録キャンペーンを実施しており、以下の招待コードを入力すれば、500円相当のポイントが貰える。

メルカリKHDJEC

PayPayフリマKXNGDJ

最安値はなかなか現れないので、自分の予算と相談して妥協できる金額で出品が在れば手に入れよう。

Amazonで購入前に、残高チャージするだけで2.5%もオトクに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)