PS5 DualSense ミッドナイトブラック&コズミックレッド登場!

約1000回のリトライを覚悟して挑め!Ghostrunner(ゴーストランナー)【レビュー/感想】

評価と簡易感想
  • 5段階評価:★★★★☆
  • 点数:75点
  • 感想:根気よく挑戦できる人向き。
  • レビュー投稿時の進行状況:ノーマルモードで1周クリア。
  • プレイ時間:約8時間
  • トロフィー:51%

Ghostrunner(ゴーストランナー)は、2021年1月28日に発売された、ポーランドの開発スタジオOne More Levelによって開発されたアクションゲーム。サイバーパンクなディストピアで、サイボーグニンジな主人公”ゴーストランナー”が、高速でパルクールしながら一撃必殺の戦闘を繰り広げるゲーム。PS4/Switchで発売されており、今回はPS4版をPS5でプレイ。

サイボーグの忍者が主人公のアクションゲームというと、偶然にも2021年1月26日にCyberShadow(サイバーシャドウ)が発売されている。2Dアクションと3Dアクションでジャンルは全く違えど、如何にも外国人が好きそうな忍者が主人公のゲームが連続して発売された訳である。

立て続けにサイバーパンクなサイボーグニンジャ物は・・・と思い、Ghostrunnerは暫くして安くなったらプレイしようと考えていたが、アマゾンにて1か月経たずに50%OFFセールで投げ売りされていたため購入。

Ghostrunnerはそこまで宣伝しておらず、知名度も低かったお陰で売り上げは余り良くなかったようだ。更にサイズが特殊なサントラが特典で付いていたので、スペース占有の問題も在って投げ売りされたと推測する。

50%OFFで買ったため大きな期待はしていなかったが、実際にプレイしてみると、丁寧なレベルデザインの良質なアクションゲームだった。

1.要求はシンプルだが、とにかく難しい

Ghostrunnerはとにかく難しい。操作キャラクターが直ぐに死ぬからだ。HPや体力というものは存在せず、あらゆる敵の攻撃掠っただけで即死する。敵の攻撃は防御することは出来ず、飛んでくる弾をパリィすることは可能だが、そのタイミングはシビアで連続して成功させることは難しい。そのため、戦闘中は常に動き続ける必要がある。壁を走り、レールに掴まり、ワイヤーアクションをこなし、とにかく動き続ける。立ち止まると大体1秒後にはゲームオーバーになると思ってもらいたい。

操作感としては、オーバーウォッチに出て来るヒーローの一人であるゲンジに近い。ゲンジのフワフワしたジャンプと高速移動はそのままに、壁に自動吸着して高速で走れるようになり、手裏剣投げが無くなった代わりに、常時敵が一撃死する龍撃剣を発動しているというイメージだろうか。

プレイヤーに要求される事は、基本的にはアスレチックをこなし、待ち構える敵を倒して次のステージに進むだけである。一部、ボタン操作してから制限時間内に目標地点まで移動するようなギミックが時々ある程度で、後は中盤とラストにボス戦が合計2回こなすだけだ。

Ghostrunnerは、”アスレチックをこなす”,”敵を倒す”というシンプルな要求の繰り返しが大半だが、飽きることが無いように徐々に新たな障害が追加されていく。障害が追加されると言っても、一気に難易度が上がることは無く、難易度上昇の加速度は緩やかだ。最初は軽く壁を走って敵を斬るだけだが、壁に電流が流れだしたり、移動用レールの先に足場が無かったり、敵にバリアが追加されたりと、丁寧に少しずつ難易度が上がっていく。もっとも、難易度上昇の加速度が緩やかなだけで、難易度は最初から高い。難易度が一次関数の方程式で与えられ、傾きが小さく、切片が非常に大きいとイメージすれば分かり易いだろう。

下の動画は”序盤の”難易度の変化が良く分かる動画である。最初は少し走って敵を倒すだけだが、走る距離が伸びたり、敵の配置が面倒になってくる。

最初は少し壁を走ってバリアを壊して敵を斬るだけ

敵の数が増え、壁を走る距離も長くなり、バリア装置も空中に

Ghostrunnerはどのステージも恐らく、ノンストップでクリアできるように設計されている。同じ場所を行ったり来たりせずとも、一筆書きのように一連動作で全ての障害物を排除できる。そのため、ノンストップでステージをクリアできた時は、実に格好良くアクションが決まり、爽快感抜群である。

折角なので、どのステージでも見事なパルクールを決めてクリアしたいところだが、試行錯誤するうちにデス数が尋常じゃない回数になってくるだろう。苦手なステージにハマりだすと抜け出せないので、時にはスマートではないクリア方法を探しても良いだろう。

ステージ進むと、壁には電気が流れだす。

移動用のレールからは、足場も無くなる。

2.一部のステージの難易度が地獄

ストーリーの要所では、難易度が異常に高い特殊なステージが出て来る。そのような高難易度ステージでは、何十回、時には100回を超える回数を死ぬことになる。幸いにもリトライは一瞬。Switch版も早いかどうかは不明だが、少なくともPS版はロード時間無しで瞬時再挑戦可能なので、思う存分に失敗することが出来る点は救いである。

例1:回転ビーム地獄

触れると即死する回転ビームを掻い潜ってタワーを登っていくステージは、クリアを諦めそうになるぐらい苦戦した。下の動画はクリア成功例だが、ここで最も沢山死亡した。なお、この後はもう一回タワーを登り直す展開なのだが、2回目は更に難易度が高い。

例2:中ボスの斬撃地獄

中ボスは絶妙にタイミングずらしながら斬撃を繰り返し放って来るので、それを弾き続けてスタミナを削る必要がある。中ボスの攻撃は一度が始まったらスタミナが尽きるまで止まらず、こちらが弾くタイミングが早いとボスのスタミナが何故か回復し、遅すぎると当然ながら一撃死。

例3:電脳空間壁走り地獄

この手のサイバーパンク物にあるあるの電脳空間。良く分からない宙に浮いた壁が奥から流れてくるので、延々と壁を走り続ける。単純に見えてタイミングが難しい。

私の場合は1周目クリアまで約8時間と、1周クリアまでのボリュームはそれほど多くない。しかし、ゲームクリア率はトロフィー取得率から見て20%程度と、そのボリュームを考えると少な目。やはり難易度が高くて心折れる人も多いのだろう。

3.フォトモードが欲しかった!

Ghostrunnerのアートワークは、サイバーパンクのお手本的のようなものである。そんな世界で操作キャラクターがサイボーグニンジャとなれば、写真を撮りたいに決まっているが、残念ながらフォトモードは無い。絶対に格好良い写真が撮れるゲームなのでフォトモードが欲しかった。

また、近頃はフォトモードで撮った写真をSNSにアップロードすることが流行っているので、フォトモードはあるだけで宣伝効果が大きい。あまり宣伝しないゲームであれば尚更、簡易的なもので良いのでフォトモードを搭載するべきだっただろう。

Ghostrunnerは序盤の難易度の高さから取っ付き難さはあるものの、華麗なパルクールを決めて敵を一掃できれば、正に外国人が思い描くニンジャそのものを体験できる。クリア後にはさらに高難易度のモードも解禁されるため、腕に自信のあるアクションゲーマーには手に取って貰いたい作品である。

敵の攻撃は全て一撃死で、操作ミスは即落下死に繋がるゲームなので、展開の速い3Dアクションゲームが苦手な人は手を出さない方が賢明だろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)