PSストアチケットが1,100円分ボーナス付きで販売中

【ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション】レビュー: 強いボスを簡単にリトライできるアシストセーブが超便利!

点数評価80点
プレイ時間約6時間
プレイ状況ゼロ1とゼクスをクリア
トロフィー:16%
発売日2020年2月27日
対応機種Switch/PS4/Xbox One/Steam
プレイ機種PS4
開発元カプコン
発売元カプコン
ジャンルアクション
ジャンルの考え方
総合評価
 (4)
革新性
 (3)
ユーザビリティ
 (4)
ビジュアル
 (4)
サウンド
 (4)
プレイ継続性
 (4)
コストパフォーマンス
 (5)

ロックマン信者以外の認知が低いゼロシリーズ

ロックマンシリーズと言えば、今でも根強い人気を誇るアクションゲームだ。特にアクション面で大幅なスピードアップを図り、ストーリーもシリアス路線に変更したロックマンXシリーズは、発売当時からアクションゲームファンから絶大的な支持を得ていた。ロックマンゼロシリーズは、ロックマンXの人気キャラゼロを主人公に、舞台をロックマンXから100年後に移したスピンオフ作品である。

Sara
Sara

元々の開発元はインティ・クリエイツなので注意。あくまでコレクションの開発がカプコン。

ロックマンゼロシリーズは2002年から毎年1本、設定を肥大化/拡張しながら、まるで義務のように6年連続リリースされている。そんなロックマンゼロ1~4とゼクス及びゼクスアドベントの合計6本が1本にまとめられ、しかも低価格で発売されたものが、ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクションである。

一作目のロックマンゼロが発売された2002年は、ややクソゲーなロックマンX6(2001年)と、完全なるクソゲーであるロックマンX7(2003年)の間である。あらゆるロックマン作品の中でも至高で、伝説的な作品であるロックマンX2以降、ロックマンX3,X4はそこそこ面白いもののロックマンX2超えは出来ず、ロックマンX5,6ではクオリティの低下が著しくシリーズを見限った人が大量に発生した。

更に、ロックマンが好きだった少年たちも年齢を重ねて他のジャンルに手を伸ばし始めたため、このゼロシリーズには手が回らなかった人も多いだろう。また、シリーズを追いかける信者も疲れを感じるようなリリース速度だったため、途中離脱したファンも多かった。

当時はあまり注目されていなかったロックマンゼロシリーズだが、迷走し続けたロックマンXシリーズとは異なり、ナンバリング間の多少の差はあれど、高いクオリティを保ち続けていた。ロックマン ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクションは、そのような黙々と出し続けられた良ゲーが6作も入っている本当にお得なセットなのである。

アシストセーブがとにかく便利

ロックマンシリーズの醍醐味と言えば、やはりボス戦だろう。前情報なしでプレイした場合、弱点武器を見つけて、ボスの行動パターンの把握し、うまく立ち回れるようになるまではどうしても死に続ける。少しづつ上達してようやくエンディングを迎えた後は、超効率プレイや縛りプレイ用のパターン探りをやるわけだが、そんな時にどうしても足枷となるのが残機数だ。

残機が無くなると、当然ながらステージの最初からやり直しだが、本作で搭載されたアシストセーブ機能をONにすると、ボス前や難所の前にチェックポイントが現れる。そして死亡時には自動的にチェックポイントを通過した時の状態で再スタートとなる。チェックポイントからのリスタートには残機数が影響しないので、無制限にチェックポイントからやり直しが可能となっている。

これを“ヌルい”と捉える人もいるだろう。しかし、よくあるクイックセーブのように、戦闘中にセーブ出来るわけではないので、ボスは最初から最後まで自力で倒す必要がある。つまり、ボスに到達するまでの無駄時間を排除し、何度も連続してボス戦を練習できるようになる訳だ。

Sara
Sara

リトライが早いだけで、ボス戦は実力勝負!

このリトライ性の高さは本当に有難く、ゲームオーバーからのステージ移動を挟むことが無くなるので、ダレることなく存分にボス戦を練習できる。仮に今後もロックマン関連の新作が出るのであれば、このチェックポイント機能は標準搭載してもらいたい。

各コレクションを揃えよう!

ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクションは、ゼロシリーズ好きは勿論のこと、幅広いアクションゲーマーにオススメ出来る作品だ。ただし、あくまで過去作品の詰め合わせなので、他に積んでいるゲームが多い忙しい人はそちらを優先しても良いだろう。

ここ数年で、ゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクション以外にも、

・ロックマン クラシックコレクション1,2
・ロックマンX アニバーサリーコレクション1,2
・ロックマン11

と、立て続けにロックマン関連ゲームが販売されているが、同一ハードでフィジカル版を全部揃えるには、ロックマン&ロックマンX 5in1 スペシャルBOXとゼロ&ゼクス ダブルヒーローコレクションを買うしかないので注意が必要だ。

クラコレ1:国内は3DS版のみ。PS4版は海外版のMega Man Legacy Collectionがあり、言語を日本語に変更可能。(筆者はPS4海外版を買った。)
クラコレ2:PS4版は単品あり。Switchは1+2の合わせ売りのみ。

ちなみに、Xアニコレには罠があり、Switch版のアニコレは1+2のセット版の場合、2はダウンロードコードのデジタル版となる。2単体売りはフィジカル版なのに良く分からない仕様だ。

また、5in1 スペシャルBOXの収納ボックスは、PS4のケースサイズ前提で作られているのでSwtich版は完全にフィットしないらしい。よって、フィジカル版で全部揃えたい人はPS4版を推奨する。

guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments