バイオハザード ヴィレッジ 各種 予約受付開始!

コスパは悪いがプレイしておくべき音楽アクションゲーム!MAD RAT DEAD(マッド・ラット・デッド)

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★★☆
  • 点数:75点
  • コメント:コストパフォーマンスは悪いが音楽は最高
  • レビュー投稿時の進行状況:ストーリークリア
  • プレイ時間:約6時間
  • トロフィー:41%

MAD RAT DEAD(マッド・ラット・デッド)は2020年10月29日に日本一ソフトウェアから発売された、音楽ゲームと横スクロールアクションを融合させた新感覚リズムアクションゲームです。

正にクリプトオブネクロダンサーのアクションゲーム版といったところで、流れて来るノーツにタイミングを合わせてボタンを押せば、主人公のネズミが軽快にダッシュやジャンプするアクションゲーム。

人間の実験台として死んでしまった主人公(ネズミ)が、ネズミの神様に時間を巻き戻す能力を与えられ生き返り、自分の心臓(ハート)と共に人間に復讐するため突き進むというシンプルなストーリー。一体なぜネズミがそのような能力を得たのかはプレイしてのお楽しみ。

1.控えめに言って音楽が最高

音ゲーと別ジャンルをミックスした異種混合ゲームは、前述の通りクリプトオブネクロダンサーという名作が存在しています。あちらはゲーム性,音楽共に高く評価されており、ケイデンスオブハイラルの様なニンテンドーと公式にコラボしたスピンオフ作品まで発売されています。

似たような試みをするとなると、ゲーム面はジャンルの異なる横スクロールアクションなので問題ないにしても、音楽面のハードルが必然的に高くなります。

発売前に作曲陣を調べましたが、残念ながら私の知識程度では知らない人ばかりだったので、ひとまず様子見ということでサントラ付きの限定版ではなく通常版を購入しました。

しかし実際にゲームをプレイしてみると、その判断は誤りだったと直ぐに気が付きました。

どの曲もストーリーやステージに完全にマッチしており、最初の3ステージぐらいをプレイした段階で限定版を買えば良かった!と後悔するレベルの名曲揃い。

音楽にノッて見事Sランククリアが出来た時の達成感はプライスレス。

プレイしないと伝わらない、音楽とストーリーとアクションのマリアージュです。

何が良いか文字で説明する事は少々難しいですが、操作の達成感と音楽の良さが相まってテンション上がりまくり、実に気持ち良くプレイ出来ることは保証します!プレイすべき逸品であることは間違いないと、声高らかに伝えたい作品です。

コンボが300位になってくると、無意識のうちに足でリズム取り出しますよw

ちなみにサントラ単体は公式通販サイトで発売されています。在庫も売り切れるたびに復活するようです。

2.アクションは実にシンプル

基本操作は以下の通りです。

マッドラットデッドの操作
  • ノーツに合わせて〇:ダッシュ(2段まで)
  • ノーツに合わせて✕:ジャンプ(2段まで)
  • ノーツに合わせて☐:急降下
  • ノーツに合わせて△:タメ(次のダッシュ距離延長)
  • ジャンプ中に敵の近くで✕:ホーミング攻撃

ゲーム内の操作説明では、

ホーミング攻撃後に2段ジャンプすると、次はホーミング出来ない

という重要な説明が何故か欠落しています。

ホーミング後にジャンプ⇒ダッシュと操作すれば次もホーミングするという仕様にだけ注意すれば、後は特に悩むことは無いでしょう。

ノーツに合わせてボタンを押すだけ!

敵に接触したり落下するとネズミが死んでしまいますが、ハート型の時計が現れて時間を戻して直ぐにリスタートすることが可能。

初見殺しなギミックもありますが、リスタートが早いので失敗しても苦になりません。

まずは死んでステージ構成や回避必須のギミックを覚えて、再挑戦で高ランク評価を目指し、更には高難易度モードに挑戦するゲームです。

ちなみにこのゲームはCERO C です。

何故音ゲーでCERO C?と思っていたら一部グロい。(主にボス)

3.実は超低予算なゲーム

このゲーム、インストール情報を見てみると、僅か1.2GBしかありません。

デイワンパッチが10GB超えることも増えてきた時代にこの容量

容量が多ければ良いゲームであるという訳ではありませんが、基本的には大作になるほど容量は増えてきます。

また、クリア後のスタッフロールを見ても、開発メンバーは最低限であることが分かります。アイデアと音楽を最大限に活かした、低工数ながらも良質なゲームのお手本と言えるでしょう。

しかし、裏を返せばこの容量(プロジェクト規模)のゲームで割引前価格7678円(PS4版)は強気過ぎる。

音ゲーをあまりプレイしない私でもクリアまで約6時間程度のボリュームなので、残念ながらコストパフォーマンスは悪いです。ゲームの評価はクオリティだけで決める訳にはいかないので、コストパフォーマンスの悪さが足を引っ張って★4の75点になっています。

これがインディーゲームでDL版2500円、パッケージ版4000円とかで売られていれば★5の100点でした。

ちなみに、日本一ソフトウェアと言えば、日本の年収ワースト企業ランキング常連です。こんな良いゲームを作れる開発陣が薄給で働かされているのは残念です。

最近はインディーゲームの土壌も固まってきているので、開発陣は独立してインディーゲームクリエイターになった方が良いのでは・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)