Amazon ブラックフライデー開催中!

PS Plus11月のフリープレイに『仁王2』など4作品登場や、星のカービィと郵便局コラボグッズが2022年12月20日発売決定など、2022年10月22日~10月28日のゲームネタ

目次

11月のフリープレイに『仁王2』、『CRYSTAR -クライスタ-』、『Heavenly Bodies: ミッション in 無重力』、『クライシス・ウィング』の4作が登場

仁王2は未プレイなら遊んで損は無い。

星のカービィと郵便局コラボグッズが12月20日に店頭販売決定

オンライン分は売り切れだが、12月20日に当日分として全国の郵便局で販売される模様。平日販売なのでお忘れなく。

Amazon、Nintendo Switch Proコントローラーを招待制へ

再入荷しても即BOTに刈り取られてしまうプロコンが遂に招待制へ。限定カラーの本体が買えないのはともかく、純正コントローラーが買えないのは大問題なので対策されたようだ。なお、Nintendo Switch(有機ELモデル) スプラトゥーン3エディションも招待を受付中。(こちらは家電量販店でも比較的見かけるが)

『魔界戦記ディスガイア7』予約受付開始! 魂を持つ「神器」を使った新システムの最新情報も公開!

通常版・限定版という売り方では無く、ソフトと特典部分を分けて販売する手法に買えたようだ。この売り方だとプレイ後に気に入って限定版欲しくなっても、特典部分だけ追加購入すれば良いから経済的。

シューティングゲームの金字塔「R-TYPE」最新作! 「R-TYPE FINAL 3 EVOLVED」が2023年3月に発売決定

グランゼーラはファイナル2で完全に信用を失ったから、これがラストチャンス。 これでまた日本だけサントラ付かないとか、日本の限定版だけにクッソどうでもいいゲームコレクターの歌が入ったCD付けるとかしたら終わりだよ。

クラウドファンディングで集めた金をお友達の歌手に落として、シリーズファンからしてみれば全く欲しくないグッズを産み出した事件は風化させてはいけない。

CEROがレーティング取得を否決したおかげで「The Callisto Protocol」の日本向け発売が中止

CEROは日本国内向けのゾーニング表示であり、グローバルな商流には何の影響力や拘束力を持っていない。北米版は当然CEROなど無関係なので、ESRBレーティングを取得。普段から海外製品を扱っているストアでは北米版を買えるし、既にローカライズ済みの日本語を収録しているので、北米版を日本語で遊べる。結局CEROがやったことは、無駄に円安によるダメージをプレイヤーに与え、予約済みストアに返金対応の手間を取らせるという無駄行為。CEROの存在自体が無駄。

初代『ウィッチャー』がアンリアルエンジン5で完全リメイク

初代ウィッチャーは日本語版が無く、MODでしか翻訳版を遊べなかったが遂にリメイク。

スクエニ、アクションRPG「FORSPOKEN」の魔法パルクールを紹介するトレーラー「DEEP DIVE vol.1」を公開

Analogueの高級メガドラ互換機Mega Sg / SFC互換機Super Nt、29日0時より最終受注

Super Ntはそのうち買おうと思っていたら、こんなに円安になってしまったタイミングで最終受注に。

スプラトゥーン3 更新データが配信され、バグ修正という名目でウルトラハンコを強化しまくり

ハンコの修正はさておき、通信応答を平均して3/60秒改善したとリリース文に書いているが、相変わらず射線合ってないのにチャージャーの弾が当たる。これがOWの運営なら、全チャージャーを一時的に使用不可にして対策やるレベルだよ。

ニンテンドーはクリエイターとしての企画力が優秀なことは事実だが、いつまで経っても開発力が低いし、プレイヤーとしての練度が全く足りていないからバランス調整も滅茶苦茶。タンサンボムの下方修正で、とばっちりを受けて弱体化した銀モデラーを救済しないのは信じられない。SPは走る棺桶で生還率の低いサメライドだし、塗りは強くても弾がばらけて撃ち負けるのに、そのうえでサブまで弱くされたらどう戦えと。

『LIMBO』『INSIDE』の元開発スタッフによる新作『Somerville』が11月15日に発売決定

前2作のSwitch版は頻繁に100円セールしているので、新作に興味を持っている人も多そうだ。

ダンジョンマンチーズ、PS版の発売決定

発売日は未定なものの、プレイステーションでも発売決定。パッと見てギャグっぽいノリだが、途中から真面目な展開になり内容も良い。ゲームとしては殆ど一本道のアクションだが、カスタマイズの自由度が高くて楽しめる。

最大4人プレイ可能なタワー“オフェンス”メカACT正式リリース

アイデアやビジュアルは良かったものの、アーリーアクセスでは賛否両論だった新作メカアクション。これからの評価の推移を見守りたい。

世界観ぶち壊し!NPCにはRTA走者がこう見えているという動画が秀逸

飛ばせない重要な会話シーンでは、途中までNPCのセリフを一緒に喋ってからのSkip!があるある過ぎるだろw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)