十三機兵防衛圏 公式保存記録:Double Helixが11月28日発売で予約受付中!

便利な機能で大幅に遊びやすくなった良リメイク!ポケモン不思議のダンジョン救助隊DX

評価と簡易コメント
  • 5段階評価:★★★★☆
  • 点数:80点
  • コメント:もう少しテンポが速ければ★5狙えた
  • プレイ時間:約13時間(ストーリークリアまでの参考)

2020年3月6日に発売されたポケモン不思議のダンジョン救助隊DXは、2005年11月17日にGBAとDSで発売された、ポケモン不思議のダンジョン 青の救助隊・赤の救助隊のリメイク版です。

リメイクまで約15年空いているので、かすかに残っているオリジナル版の記憶と言えば、99Fダンジョンでパラセクトに部屋全体のマヒ攻撃を食らい、プテラにプレッシャーを掛けられてPPを削られ、兎に角逃げ回ってクリアした事ぐらいです。

ストーリー15年も経てば、ストーリーもあまり覚えておらず、モンスターの種類は大幅に増え、同時に新タイプや新特性も登場しているため、非常に新鮮に遊ぶことが出来たのでレビューしてみます。

1.各種便利機能追加で遊びやすさが大幅にアップ!

今回のリメイク版ではとにかく、遊びやすさが強化されています。

リメイク作品には、どこまでオリジナル要素を残すのか?どこまでオリジナル要素を壊すのか?という論争が付き物です。賛否両論あると思いますが、当作品においては、本質的なゲームプレイ以外で時間を取られる要素を極力排除しようとした努力が伝わってきます。

相性が一目瞭然

ポケモンの象徴と言えば、タイプと特性の相性バトル。

プレイヤー同士の対戦では、膨大な知識量から最適な行動を選択する訳ですが、不思議のダンジョンは一人プレイのゲーム。しかも倒されると全てを失って最初からやり直しです。

その様なゲームのボス戦でプレイヤーが取る行動が何かと言えば、”相性調べ”なんですよね。相性を完璧に覚えているポケモンガチ勢以外は、敵の弱点タイプと特性から、自分の持っている技が有効かどうかを調べて、効果的であれば選択する。という、ゲーム外作業をオリジナル版では強いられていました。

しかし、リメイク版では技メニューを開けば一発で効果があるかどうかを教えてくれます。

はがねとひこうの複合タイプの弱点は・・・。 とか調べる必要無し。

◎、〇、▽、Xの4種類で示してくれるので視覚的に一瞬で判断できますし、攻撃ボタンを押せば自動で、一番高い効果を期待できる技を判断して使ってくれます。

対戦ゲームではないですからね。時間掛ければ誰でも答えが分かる事であれば、時間を掛けさせない様にアシストするという素晴らしい判断。

オート移動でストレスフリー

不思議のダンジョンにおけるフロアの廻り方は人それぞれですが、見えているアイテムを拾ってから階段に向かう事が多いと思います。

今回はそのフロアの廻り方に対してアシストが入っており、オート移動ボタンを押せば、自動的に最短ルートで未踏破の部屋を巡回し、アイテム回収してから階段に向かってくれます。

また、階段優先モードにすれば、階段を見つけた時点で階段に乗ってくれますし、通路ダッシュ機能をオンにすれば、オート移動中も通路を高速に移動してくれます。

なお、このモードは自キャラの一定範囲内に敵が近づくと、自動的に解除されます。

え?不思議のダンジョンでオート!?と、懐疑的に思うかもしれませんが、この機能は本当に実装されて良かった神機能です。

この機能は、あくまで消化要素的な巡回を自動化してくれるだけで、シビアな判断が求められて実力を試される状況をどうにかできる機能ではありません。

例えば、もう他に階段を下りる以外やる事が無い時に、今いる部屋の隣の部屋にアイテムがあり、更にその隣の部屋に階段があるとすれば、どんな人でも隣の部屋でアイテムを拾ってから階段に向かうでしょう。その様な行動が確定している状況なら、オートモードの出番です。確実にその様に動いてくれるので、操作要らずで非常に便利です。

指が付かれず操作ミスも無く、全プレイヤーが得をして誰も損をしません。

それと、これはハード的な問題ですが、ニンテンドースイッチのプロコンは十字キーが全方向一体型で使いにくい上に、異様に硬くて操作感が最悪です。スティックでも操作できますが、このゲームはマス目を移動していくゲームなので、細かな分解能は不要なためスティック操作は不向きです。(操作の誤爆リスクが高くなるだけなので十字キー推奨)

一方でジョイコンの十字キーは独立型で操作しやすいですが、そもそもの耐久性に疑問があるので極力使いたくありません。(スティックだけかもしれませんが、とにかくジョイコン自体に負荷を掛けたくない。)

よって、十字キーメインのゲームはプロコンもジョイコンもダメなので、操作回数を減らしてくれる機能は本当に嬉しいです。

訓練所がシンプルかつ効果的に

オリジナル版にもあったマクノシタの訓練所ですが、大きく仕様が変更になり、シンプルになっています。

依頼達成やシナリオ進行で貰えるホンキチケットというアイテムを使えば、一定時間だけ自分のタイプに有利な敵ばっかりが出てくる特別なダンジョンに潜ることが出来ます。

出てくる敵は通常よりも大幅に(10倍?)経験値が増えており、自キャラは倒されても自動で復活します。なので、制限時間内にノーリスクで敵をひたすら倒して、仲間にしたばかりのポケモンも即戦力に育てることが出来ます。

使いたいポケモンが居るけど、育成する時に戦力ダウンするから面倒くさい・・・。という序盤の悩みを完全に解決してくれるシステムです。

2.テンポの悪さは少々気になる

ポケダンDXの醍醐味はやはり大人数戦闘です。

メインパーティ3匹に加えて、道中で仲間に加えたポケモンを合わせて最大8匹で戦闘する事が出来ます。

ボス戦は複数VS複数だったり、伝説ポケモンに皆で挑んだりと、なかなか雰囲気が出ているんですが、如何せんこれだけの数が同時に動くので時間が掛かります。

操作キャラ以外の演出を全スキップしてログだけ残る、簡易描画モードの様な物を用意してくれると嬉しかったですね。

序盤のゲンガーチームとの闘い。こちらのメンバーが初々しい。

終盤のグラードン戦。全体効果で右下のログ流れまくり。

それと、通路ではどうしても仲間との場所替えが面倒になります。ポケダンにはモンスターボールが存在しないため、仲間を収納する事は出来ません。主人公は人間が変身したポケモンなので、モンスターボールを使えるポケモンみたいな設定にして、使わない仲間を引っ込ませる機能があれば良かったかな。

また、このゲームは何度も困っているポケモンの依頼を聴いて救助に向かうゲームです。

効率よく依頼を達成するために、1回の冒険で5,6個の依頼を同時に受ける事はザラなんですが、拠点に戻ってからの、お礼の会話⇒アイテム受け取り⇒格付けゲージ上昇 という流れを、毎回見る必要があります。ここで時間が掛かって不満ですね。

会話を全スキップすれば、お礼が一括表示されて、ゲージも一括上昇する仕様なら快適だったはず。

3.ストーリーは殆どオリジナルの通り

ストーリーに関しては、プレイするうちに何となく思い出してきましたが、多分大きな改変はありません。

最初に性格判断で自分のポケモンが決まりますが、自分で選択も可能になっています。自キャラ厳選不要です。

ネタバレ無しでストーリーの結論を語ると、

伝説の肩書を背負っているポケモンは総じてクソ

ですかねw

序盤の伝説のトリ3匹がとんでもなく無能で、濡れ衣着せて襲って来て返り討ち三連続だったり、レックウザには”お前、そんなところに住んでいるのに異変に気が付かねえのかよ・・・”とツッコミを入れたくなる。

この間抜け面にはイラっとくる

ご存知の通り、不思議のダンジョンはクリア後が本番なので、メインストーリーはオマケなので細かい事は気にしない。

本編クリアまでの時間は、経験者なら10数時間、初心者なら20時間ぐらいでしょうか。しかし、クリア後のダンジョンは大量に用意されており、全クリア+全ポケモン集めをやろうと思えば、100時間ぐらいは余裕で必要になるボリュームだと思います。

難易度に関しては、大抵のボスはステータス異常が効くので楽です。一方で、道中は主人公とパートナーのタイプによっては結構厳しい場面が出てきます。3匹目の選択が重要になってきます。(幸い、前述の訓練所のお陰で3匹目の育成は苦じゃない)

クリア後は当然ながら高難度ダンジョンが待っているのでやり応えがありますよ!

じっくりと時間をかけて遊べるゲームを探している人にオススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)