【5/8まで】Kindle集英社の人気作品が50%還元

プレイステーション ストアチケットが再び1,100円引きや、Steamで「デッキ構築フェス」が4月1日10:00まで開催など、ゲームネタ26件

目次 非表示

目次へ

2024年3月23日~3月29日のゲームネタまとめ

プレイステーション ストアチケット 15,000円+1,100円セットが1,100円引き

注文確定時に1,100円安くなる仕様。新生活セールFinalのポイントアップキャンペーンもお忘れなく。

Steamで「デッキ構築フェス」が4月1日10:00まで開催中!

スプリングセールでは沈黙を保っていたBalatroがセールに。そしてフェス対象製品でも売り上げ1位に。折角なので、フェス対象製品からレビュー済みのものを幾つかピックアップ。

Balatro 10%OFF

絶対に万人受けするゲームでは無い。しかし、デッキ構築型ローグライク好きなら絶対に満足する。

Inscryption 50%OFF

まだ未プレイならもうそろそろプレイしておこう。セールの頻度も割引率も上がってきたので、うっかり何処かでネタバレを踏むと困るぞ。

Backpack Hero 20%OFF

正式リリース後、少々バグが発生しているようだが解決策はコミュニティで共有されているようなので買って損なしか。

One Step From Eden 60%OFF

続編が発売されたので割引率も高くなってきた。反射神経必須のデッキ構築。

Dicey Dungeons 75%OFF

Switchで90%OFFをやった後なのでインパクトに欠けるが十分安い。

Loop Hero 67%OFF

半放置系ローグライク。フォロワー的な作品が沢山出現すると思っていたがそうでもなく、今でも独自性を保ったまま。

Vault of the Void 30%OFF

現在モバイル版がβテスト中。Switch版の情報もそろそろありそう。

高評価デッキ構築ローグライク『クロノアーク』4月26日についに正式リリースへ

早期アクセスに4年も費やした期待作。4月2日が安く購入できるデッドラインなのでお忘れなく。

PlayStation®Plus 4月のフリープレイに『アヴェウムの騎士団』など3タイトルが登場

全然売れなかった魔法系FPS『アヴェウムの騎士団』が早速フリープレイに身売りした形に。そんな作品よりも2Dアクションローグライクの良作、『Skul: The Hero Slayer』が配信されることが喜ばしい。

高評価骸骨ローグライクアクション『Skul: The Hero Slayer』次期大型アプデは来週配信へ

フリープレイ入りに合わせる形で大型アップデートも実施。このアップデートで追加されるスカルは、クラウドファンディングでデザイン権を得たユーザーのアイデアが具現化されたもの。

『バックパック・バトル』と『Balatro』がコラボ 『バックパック・バトル』にジョーカー登場

バックパック・バトルは購入済みなので近々レビュー予定。

【増補新版】ゲームボーイパーフェクトカタログ発売

海外版ゲームボーイの対応ソフト紹介を追加してページ数が約2倍に。

『エンダーマグノリア: ブルームインザミスト』が3/26よりSteamアーリーアクセスで開始

後からパッケージ版が出るはほぼ確定だろうけど、アーリーアクセスから遊びたい作品。

『SEKIRO』に強く影響を受けた2Dアクションゲーム『九日 Nine Sols』の発売日が5月29日に決定

SEKIROはトロコンまで遊んだのでこれには期待。ただ、事前に体験版が欲しいな。3Dと2Dは勝手も違うだろうし、触り心地が合わないと高難易度2Dアクションは本気でクリアできないので事前にチェックしたい。

マーベルのチームシューター『Marvel Rivals』発表。スパイダーマンやアイアンマンなど、スーパーヒーロー・ヴィランたちが6対6で激突

TPSにしたマーベル版オーバーウォッチ。同じようなゲーム性でも、FPSからTPSに変わると随分ゲームスピードが遅い感じがするなぁ。

高評価Co-op専用ADV『It Takes Two』発売から3年で1600万本の売り上げを達成

2021年にはGOTYを受賞した際には、知名度の低い遊ぶ敷居の高いゲームが何故受賞したんだ?と疑問だったが遊べば分かる面白さ。

「聖剣伝説 VISIONS of MANA」,ゲームプレイトレイラーを公開

開発はNetEase Gamesが担当とのこと。

『MOTHER2』『UNDERTALE』『ゆめにっき』サウンドトラック アナログ盤が発売

インディーゲーム重視の新イベント「The Triple-i Initiative」発表、4月11日放送へ

余計なものが入っていてもアーカイブで見て飛ばせば良いんだが、その作業が煩わしいことは事実なのでありがたい。

オマージュ?それともクローン?物議醸す、有名作に“似すぎた”新作インディーゲーム

似過ぎか否かの境界線は、パッと見たときにパクリ元と誤認されるかどうかで引いておいた方が良い。 法的にとか以前に、似過ぎると面白い・面白くないより不快感が先行する人が増えて来るので良い結末を迎えない。

人気デッキ構築ボードゲームの新デジタル版「ハートオブクラウン オンライン」,早期アクセス版を4月24日にリリース

アクティブターン制デッキ構築型ローグライク「Dragon Chronicles: Black Tears」,Steamで早期アクセス開始

アクティブターン制のデッキ構築型は新しいかな?

「星のカービィ ディスカバリー」コンプリートサウンドトラックとサウンドセレクションを9月13日に発売

コンプリートサウンドトラックはオルゴールが付いて14,080円。うーん、CDだけで良いからもっと安くしてほしかった。かといって、一方でセレクションは物足りないし悩ましい。

guest

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments