Xbox Series S 値上げ前のラストチャンス

Amazonでタイムセール祭り開催中!

ELDEN RINGがThe Game Awards 2022でGOTY受賞!アーマード・コア6、デスストランディング2、ハデス2発表!他31件

“The Game Awards 2022”各部門の受賞&新情報のまとめ

GAME OF THE YEARはELDEN RINGが受賞。

ナラティブな内容がウリで発売から間もないゴッドオブウォーが相当に有利な状況だったが、アーマードコア6発表からのエルデンリングが受賞でフロムソフトウェアが全部持って行った!絶対に遊ぶべきレベルの名作であることは間違いないので、受賞したことに特に不満無し。(個人的にはHorizon Forbidden Westを推していたが)

なお、受賞後の宮崎氏のインタビューでは、エルデンリングでまだやりたいことがあるので励みになったと発言。大型アップデートにも期待できそうだ。

ファミ通のまとめ記事をみれば、The Game Awards 2022のことは大体分かる。個人的に気になった発表はその下に紹介。

ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON アナウンスメントトレーラー公開

待ち続けたACシリーズ新作、アーマードコア6が遂に登場!

このPV公開で鳥肌が立って震える感覚は久し振り!身体が闘争を求めている!

小島秀夫監督が『デス・ストランディング2』を発表。新キャラクターに加えて、サムやフラジャイルの姿も

歩行シミュレーターとしては本当に面白かったが、ストーリーは正直好みで無かったので、もう一本の隠し玉の方に期待している。

ベヨネッタの原点を辿るRPG。「Bayonetta Origins: Cereza and the Lost Demon」を発表

2023年3月17日発売と早い。ベヨネッタ3は完成後にリリース時期を伺っていた節があるので、その間に裏でこれも作っていたんだな。なお、ベヨネッタ3はベストアクション賞を受賞。

「Dead Cells」,「悪魔城ドラキュラ」とのコラボDLCが2023年の第1四半期に登場決定

いよいよ本命とコラボ。 ローグヴァニアの始祖を名乗るんだから、ヴァニア部分の本家とのコラボは誰もが待ち望んだもの!

前哨基地の建設&襲撃ゲーム「Meet Your Maker」が2023年4月に発売決定

「Dead by Daylight」で知られるBehaviour Interactiveの完全新作。基地建設はプレイヤーの性格が如実に反映されそうで面白そうだ。

『Star Wars ジェダイ:サバイバー』の新トレーラーが公開 2023年3月17日に発売決定

5年の歳月が経過し、カルの顔付きも逞しくなったか。

『Lies of P』「G-STAR 2022」で実施された試遊のアンケート結果公開―91%が「面白かった」と回答

ソウルライク経験者の90%以上が難易度を適切と評価したようだ。ただ、ここでいう“適切”とは、ソウルライクな無慈悲なゲームオーバーを味合わせてくれるという意味か?

『エルデンリング』新コンテンツ“闘技場”が12月7日に追加

ダクソの闘技場と言えば、ひたすら相手のケツに謎の吸引力で迫っていく感じだったが、エルデンだと遺灰を活用できるから変わるかな?

『ELDEN RING』にてプレイヤーを飽きさせないためにフロム・ソフトウェアが実践した「オープンフィールドおもてなし術」とは?

ポケモンSVは何一つおもてなしが出来ていないことが良く分かった。

Ender Lilies NEXT PROJECTか?Binary haze interactiveが新作カウントダウン開始

12月13日0:30にティザートレーラーが解禁される模様。エンダーリリーズは神ゲーだったので楽しみですねぇ

『FGO』塩川洋介氏の独立後初作品、ARPG『つるぎ姫』発表

“何をもってインディーゲームとするかは明確にしない”という方針がインディーライブエキスポにはあるが、流石に準備できる資金の上限は決めた方が良いだろうね。今のところは自己資本で作ったら全部インディー扱いだけど、つるぎ姫は動いている金が桁違い過ぎる。

『パルワールド』最新PV公開。広大な世界で多種多様な生物“パル”と出会い、捕獲、育成、強制労働、売り飛ばし、解体、食用化などが楽しめる

やはり真のポケモン。ゲームフリークには到達できない世界がここにはある。

荒廃した世界で銃を手に「魔女」や「機械」と戦う探索型2Dアクションゲーム『ラスティッド・モス』データ引継に対応したファイナルデモが配信開始

海腹川背に重火器をプラスしたようなゲーム。

巨大なマッチョ軍団を“ダンベル”で撃ち抜くゲーム『MUSCLE GIANTS』が2023年初めごろに発売決定

インディーライブエキスポのインディーWaveにて、僅か10秒ほど表示されただけだったがインパクト強かったなぁw

『Vampire Survivors』新キャラやステージ追加!初の有料DLC「Legacy of the Moonspell」12月15日発売

新ステージ以外にも、キャラ8体、武器13種類と、まさに大型アップデート

すべてがリアルタイムで変わる緊張感! 新作ローグライクACT『MISTROGUE』正式タイトルを公開

ドラクエトレジャーズ発売記念として、「DQ」シリーズのリアルなお宝公開中

公式ツイッターにて昔の開発資料を公開中。

Xbox Japanが、Call of Dutyシリーズを任天堂へ提供することを発表

クソ性能なSwitchでCall of Dutyがまともに動くことは無いので、提供開始に合わせて任天堂は、PS4かXbox One程度の性能は辛うじて確保した、周回遅れの低性能新ハードを市場投入するんでしょう。

結局イカ研究所はスプラトゥーンエアプということが判明

公式の説明文を読む限り、“新シーズン毎にS+0からS+10までランクを上げておかないと、Sランクに落とされて次のシーズン開始時に即Xマッチに参加できない。”と読み取ることが出来た件、流石にそんな狂った仕様は無いだろうと問い合わせが多かったのか、公式ツイッターでウデマエ対応表が公開された。

結局、説明文通りのイカレタ仕様でしたとさ。武器種ミラーマッチが適用されないS+帯を、ストレス貯めながらS+10までやるよりも、故意にSまで落としてS+0に上げた方が楽なことすら、イカ研究所は理解していないようだ。

マルチミサイル多用を潰したくせに、金モデ&スプリンクラーで、1試合で1人10回もナイスタマを投げることが出来る環境にしたように、エアプで適当に調整したり仕様を決めることはやめて欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)